高橋裕也物語を今回は話そうじゃないか!(54)


大学の構内を一人で歩いていると、

3ヶ月前から気になっているA子が

一人でこちらに向かって歩いてくる。

 

しかも、にっこり笑顔で

何か言いたそうな雰囲気。

 

そして、「おーい!」って

こちらに大きく手を振ると、

小走りでこちらまで来た後に、

 

「よかったぁ・・・会いたかったんだ」

 

と、意味深な言葉ってところや、

 

「あのさ、実は

今週末飲み会あんだけど・・・来る?

 

というのもさ、

この前、一緒になった授業で組んだ

 

グループ同士で、

ディスカッションした際、

 

あなたの理論が

あまりにもおもしろかったのと、

 

それに・・・

 

なんか心にささる事、

たくさん言ってたから。

 

で、実際、

予定はどうなってるの?」ってところ。

 

 

また、彼女は、

ニコッと笑顔で、こんな風に言った。

 

「そっか、そうこなくっちゃだよね!

で、場所なんだけど、

また、連絡するから、メール教えて!」

 

というところもそうですね。

 

 

しかも、あえて、

メールにしたってところも

「好きって気持ちを表現」してますよね?

 

 

「え!?高橋さん、それはどうして?」

 

 

だって、他に無料で便利な

SNSがたくさんあるし、

 

それに、

今の時代にメールって古いからです。

 

 

「う〜んと・・・

 

あ!そっか。

 

メールって一対一で、

なんか、特別な関係でないと

 

できないような内容の話が

できるからでしょ?」

 

 

そうですね。

 

また、例え話には

なかったですが、

 

飲み会までの期間、

何回もメールのやり取りを

していたと考えていいでしょう。

 

 

「高橋さん、何でそういう解釈ができるの?」

 

 

だって、主人公は

彼女の事を

3ヶ月前から気になっていた。

 

そんな相手のメールを

無視するような事って、

普通しないですよね?

 

 

「そっかぁ、だから、

メール交換した後も、

 

少しの間、

彼女と会話した時間の余韻を楽しむ。

 

客観的に見たらキモいかも・・・?

 

と、心の中では

気がついていた。

 

しかし、それよりも

幸福感の方が圧倒的に

上回っていたので、

 

そんな事はどうでもいいじゃないか!

 

と何故か普段の自分とは違う

器の大きな男のようになれた気がした。

 

そして、

ふと時計を見ると、

 

やっべぇ・・・

もうこんな時間じゃねぇか。

教育学の授業に行かなくちゃ!

 

と、急いで

そこに向かう。しかも走って・・・

 

そして、なんとか

ギリギリセーフで間に合うと、

 

友人Bが座っている

席の隣に座る。

 

すると彼が、

 

どうした、そんな息切らして。

何かあったんか?

 

と聞いてきたので、

 

実は・・・

と、A子との出来事を話した。

 

すると彼は、

 

そりゃよかったなぁ。

頑張って飲み会で仲良くなってこいよ!

 

と、応援してくれた。

 

そして、心の中で、

 

早く週末にならないかなぁ・・・

 

と、つぶやいたんだね?」

 

 

そうです。

 

実は・・・

 

 

続きを読む

あなたの人生を3ヶ月で変える無料メルマガ。豪華プレゼント付き。


17000人参加。登録無料。【期間限定】7つの「超豪華」特典付き。

東京都Aさん36歳 「無料メルマガ学んで1000万達成!」

埼玉県Bさん30歳 「無料メルマガ学んで500万達成!」

長野県Cさん40歳 「無料メルマガ学んで100万達成!」



【豪華プレゼントの内容】

・わずが5分で会社にバレないで副業を成功させるノウハウを手に入れる方法

・起業のリスクが怖いを30秒で解決する方法

・毎日3分読むだけで年間1億稼ぐ成功者の思考をインストールする方法

・不用品をヤフオクで10万に変える方法

・国内転売で3ヶ月で600万稼ぐ方法

・ブログでファンを3万人に増やした方法

・ツイッターで400万人につぶやきを読まれる方法

・Facebookで「いいね」を100以上獲得する方法

・メルマガ読者に100万のコンサルをバンバン売る方法

・1万人が欲しがるようなプレゼントを3日以内に簡単に作る方法



無料でノウハウを知る方法は簡単です。リンクを「クリック」してください。








 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ