amazonで1時間以上欲しい商品を閲覧した結果・・・(1)







高橋です。

 

実は最近、欲しい物があって、

それを探すために、

 

amazonで1時間以上

欲しい商品を閲覧したんですが、

 

いやぁ本当に安くて、

しかも状態が良さそうな物ばかりで、

 

「どれも欲しくなってしまった」

 

のですが、

しかし、それって、

 

購入者はいつも

思っている事なんだよなぁ・・・とか、

思ってしまいました。

 

 

「高橋さん、そりゃそうですよ!

 

だって、amazonは、

最速で頼んだその日に

配達してくれるし、

 

また、そうでなくても

翌日には必ず届くような

システムになっているので、大変便利。

 

しかも、

どうしても外出しないで、

 

自宅で仕事に

集中したい場合や、

 

また、身体的に不自由で、

外に買い物に行く機会が少なく、

 

例えば、

消耗品の食材なんかも

簡単に注文できるし、

 

しかも、その種類も豊富で、

かつ、価格も良心的。

 

あ!

 

そんな話じゃなかったよね・・・?

 

で、欲しい物があって、

それを探すためにって

具体的に何を探して買ったの?」

 

 

そうですね。

 

僕は、仕事のほぼ全てを

パソコン一台で

すませてしまっているので、

 

それ関係のデバイスには

投資をするようにしています。

 

例えば、

外付けハードディスクとか、

コンパクトサイズのスピーカーとか。

 

でも、いろんなメーカーの

いろんな商品を見ていると、

 

どれを買おうか

迷ってしまって、

 

大変でしたね・・・

 

 

「高橋さん、

それって価格を気にして?

 

それとも新品とか中古などの

品質を気にして?

 

あるいは、

配達される日時の速さや

遅さを気にして?」

 

 

そうですね。

 

それら全てを考えつつ、

でも、結局買ったのは、

「前に買った事ある物」でした。

 

 

「高橋さん、つまり、冒険しなかったって事?」

 

 

そうなんですよね。

 

仕事以外の物を買う時には、

 

「新商品みたいだから、試しに買ってみるか!」

 

という風に

なるんですが、

 

しかし、そうでない

仕事が関係してくるとなると、

 

少し神経質になってしまっている

自分がいますね。

 

 

「でも、仕事のほぼ全てを

パソコン一台ですませて

しまっているって事は、

 

つまり、

それで稼いでいるって事だから、

 

少し神経質になって

しまっているっていうのは、

しょうがない事かもね・・・

 

ん!?

 

もしかして、

ここまでした話って、

 

amazonで1時間以上

欲しい商品を閲覧した結果・・・と、

関係があるんじゃ・・・?」

 

 

そうなんです。

 

実は・・・

 

 

続きを読む












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ