高橋裕也物語を今回は話そうじゃないか!(98)


人は基本、

「自分を褒めてもらうのが好きだから」です。

 

しかも、

twitterのようなSNSで

 

情報発信をしている人の多くは、

「自称情報通」です。

 

なので、

メインの媒体の他に

 

twitterでも

情報発信をしたい場合は、

 

「自称情報通をいかに味方にするか?」

 

が情報を拡散するって意味で

重要になります。

 

 

「なるほどなぁ〜

 

だから、

 

すごいですね!

 

なんか見ていて

惹きつけられちゃいました・・・って

いうようなメッセージを送って、

 

相手の興味に

こちらが興味を示す事で、

 

相手が、

警戒心を解くんだね。

 

まぁ、でも、

自分がその立場だったら、

自称情報通として、

 

自分はこう思う!

 

みたいな、感想や主張。

 

それに

みんなが知らないであろう

暴露ネタを褒めてもらうのって

 

嬉しいかも・・・

 

でも、そんな人が

味方になるなんて事あるかね?

 

というか、

難しいんじゃ・・・」

 

 

いや、実は簡単で、

人って、自分が褒めてもらってから、

 

「情報発信してるからブログチェックしてみて!」

 

と、お願いすると

 

「そうですね。見てみます!」って

 

ビックリするほど

素直にお願いを聞いてくれます。

 

「じゃあ、どうしてそんな事が可能なのか?」

 

なんですが、

 

実は人って、

 

「返報性の法則」っていうのを

無意識的にするよう、

体内にプログラムされているので、

 

その体内にプログラムされている

本能的な部分を刺激する方法をしたら、

 

「は?誰テメェ・・・

てか、キモッ。

二度とメッセージ送ってくんな!」

 

というように嫌われずに、

 

「そうですね。見てみます!」って

 

なってくれます。

 

 

「え!?高橋さん、

 

いや、実は簡単で、

人って、自分が褒めてもらってから、

 

情報発信してるから

ブログチェックしてみて!

 

と、お願いすると

 

そうですね。見てみます!って

 

ビックリするほど

素直にお願いを聞いてくれます。

 

じゃあ、どうして

そんな事が可能なのか?

 

なんですが、実は人って、

 

返報性の法則っていうのを

無意識的にするよう、

体内にプログラムされているので、

 

その体内にプログラムされている

本能的な部分を刺激する方法をしたら、

 

は?誰テメェ・・・

てか、キモッ。

二度とメッセージ送ってくんな!

 

というように嫌われずに、

 

そうですね。見てみます!って

 

なってくれますって・・・

 

そんな方法があったの?」

 

 

そうですね。

 

僕らって

普段何気なく生きてしまうと、

 

人について、

これまで経験してきた

あらゆる記憶を基準に、

 

主観的に

「人とはこうだ!」みたいなのを

決めてしまい、

 

それ以降は、

考えようとも学ぼうとも、

しなくなってしまいます。

 

 

では、

 

「どうしてそうなってしまうのか?」

 

なんですが・・・

 

 

続きを読む

あなたの人生を3ヶ月で変える無料メルマガ。豪華プレゼント付き。


17000人参加。登録無料。【期間限定】7つの「超豪華」特典付き。

東京都Aさん36歳 「無料メルマガ学んで1000万達成!」

埼玉県Bさん30歳 「無料メルマガ学んで500万達成!」

長野県Cさん40歳 「無料メルマガ学んで100万達成!」



【豪華プレゼントの内容】

・わずが5分で会社にバレないで副業を成功させるノウハウを手に入れる方法

・起業のリスクが怖いを30秒で解決する方法

・毎日3分読むだけで年間1億稼ぐ成功者の思考をインストールする方法

・不用品をヤフオクで10万に変える方法

・国内転売で3ヶ月で600万稼ぐ方法

・ブログでファンを3万人に増やした方法

・ツイッターで400万人につぶやきを読まれる方法

・Facebookで「いいね」を100以上獲得する方法

・メルマガ読者に100万のコンサルをバンバン売る方法

・1万人が欲しがるようなプレゼントを3日以内に簡単に作る方法



無料でノウハウを知る方法は簡単です。リンクを「クリック」してください。








 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ