高橋裕也物語を今回は話そうじゃないか!(483)







情報発信者として、

 

「ライバルはどんな事をしてるのか?」

 

っていうのを調べると、

 

「お役立ち情報の解説」が多く、

しかもそれって

 

「自分の感性を表現したものじゃない!」

 

ので、「一見、価値がありそう」なんですが、

実は無価値です。

 

 

というのも、そんなのは

「みんなしてる事」で、

 

それを読んで

感情が刺激されるような事はなく、

 

「みんながしてない事をあえてする!」

 

っていう事に価値があります。

 

 

ですが、それを意識しすぎて、

 

「読者が理解できないような

難しい哲学的な視点で物事を語る!」

 

っていうようなのは

「絶対にしない方がいい!」です。

 

 

というのも、

情報発信者は本来、

 

「有益性のある情報発信」をし、

 

それが面白い!

 

って感じて

もらえるようにするのを

「目指すべき!」なので、

 

「理解されにくい内容の

情報発信は

無価値に等しい」

 

からです。

 

まぁ、要するに

面白けりゃなんでもいいよ!

 

って事です。

 

 

「高橋さん、

 

情報発信者として、

 

ライバルはどんな事をしてるのか?

 

っていうのを調べると、

 

お役立ち情報の解説が多く、

しかもそれって

 

自分の感性を表現したものじゃない!

 

ので、一見、価値がありそうなんですが、

実は無価値です。

 

 

というのも、そんなのは

みんなしてる事で、

 

それを読んで感情が

刺激されるような事はなく、

 

みんながしてない事をあえてする!

 

っていう事に価値があります。

 

 

ですが、

それを意識しすぎて、

 

読者が理解できないような

難しい哲学的な視点で物事を語る!

 

っていうようなのは

絶対にしない方がいい!です。

 

 

というのも、

情報発信者は本来、

有益性のある情報発信をし、

 

それが面白い!

 

って感じて

もらえるようにするのを

目指すべき!なので、

 

理解されにくい内容の

情報発信は無価値に等しい

 

からです。

 

 

まぁ、要するに

面白けりゃなんでもいいよ!

って事ですって、

 

もちろん、

ビジネス(ネットビジネスも含む)

 

っていうテーマに

沿ってないと意味無いよね?」

 

 

そうですね。

 

実は・・・

 

 

続きを読む












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ