ハローワークで再就職先を最短で決めない方が良い3つの理由







高橋です。

 

会社員として

会社で仕事をしていると、

必ず失敗しますよね?

 

 

また、ここ最近は、

どの会社も

経営状態が良くないので、

 

「なるべく少ないコストで大きな売り上げにしよう!」

 

っていうような考えで、

社員にそれを

押し付けてしまい、

 

「それが出来なかったらクビだから!」

 

っていうような事を言う。

 

 

しかし、絶対に

 

「そうはなりたくない!」

 

ので、毎日必死になって

朝7時〜夜10時まで

奴隷のような扱いを受けつつも、

 

歯を食いしばって

我慢してノルマを達成しようとする。

 

 

でも、人間は、

 

「何時どんな時に失敗してしまうか?」

 

って、そんなの分からない・・・

 

 

だから、時には、

会社に大きな損害を与えるような

失敗をしてしまい、

 

それが原因で

 

「クビになってしまった!」

 

なんて場合がある。

 

 

で、そうなってしまった場合、

 

「ハローワークで

再就職先を最短で決めない方が

良い3つの理由」

 

を、これから

話していこうと思います。

 

 

僕の友人のAは、

幼稚園時代からの付き合いで、

 

親同士も仲良く、

いつも一緒にいるので

兄弟みたいな存在です。

 

 

彼は、大学を卒業後、

某有名家電メーカーに就職。

 

そして、そこで、

商品開発も営業もこなす

 

スペシャリスト的な存在として

会社で大活躍。

 

 

また、そんな彼の活躍ぶりを

上司は高く評価し、

30歳で課長になった彼は、

 

それを機に

4年間付き合っていた彼女と結婚。

 

 

同年の年末には

女の子が誕生し、

何もかも上手くいっている。

 

そんな状態でした。

 

 

しかし、ある時、

会社がとあるデザインのテレビを

大量に作り、

 

それを日本や海外に

売るっていう予定だった・・・

 

しかし、ライバル会社が、

テレビの新しい液晶製作技術を発表。

 

 

低コストで

しかも高画質なテレビが

世に多く売り出されるようになると、

 

彼の会社の業績は、

どんどん悪化。

 

それを機に

大量リストラをするようになりました。

 

 

しかし、

彼はそんな状態であっても、

 

「俺の活躍ぶりを

上司は高く評価してる。

 

しかも、

30歳で課長になった実力者だ。

 

だから、

何も心配無い!」

 

と、そんな風に

思っていた矢先に・・・

 

ある時、上司に呼ばれ、

こんな風に言われた。

 

「申し訳ないが、

今、活躍してもらってる

部署が無くなる。

 

だから、それが影響で

仕事も無くなる・・・

 

意味分かるよな?

 

そう、クビだ!

 

申し訳ないが・・・」

 

と、突然のリストラ。

 

 

彼は、頭が

パニック状態になってしまい、

 

「は?

 

そんな理不尽な

クビってありますか!

 

納得いきません・・・」

 

と涙ながらに訴えるも、

結果は虚しく、

 

ハローワークで

再就職先を決めなきゃいけない

状態になってしまいました。

 

 

また、そんな彼の

会社での出来事を知って、

奥さんは号泣。

 

「まだ、

子どもが小さいのに・・・

 

これからどうやって

育てていったらいいの?」

 

って彼に言うと、

そのまま実家のある

千葉県に

 

子どもを連れて

帰ってしまいました。

 

 

で・・・

 

 

「それをなんとか解決したい!」

 

っていう思いから、

僕にこんな相談をしてきました。

 

 

「俺は、会社のために、

これまで一生懸命仕事してきた。

 

朝7時〜夜10時まで・・・

 

だから、30歳で

課長になれたし、

将来は有望だったはず。

 

常務や専務にも

なれたはずだ!

 

でも・・・

 

会社がヘマしたせいで、

俺の人生台無しだ・・・

 

なぁ、これから

ハローワークで再就職先を

最短で決めたい

 

って思ってるんだけど、

何かいい方法無いかな?」

 

 

なので、僕は、

こんな返事をしました。

 

 

「確かに、今は、

どの会社も最新技術を

 

いかに早く、いかに低価格で

お客に提供するか?

 

っていうのが激化してて、

しかも、それは今後も続く。

 

また、日本のみならず、

海外にもライバル会社が

多くあって、

 

そうゆうところとも

戦って勝って

いかないといけないから、

 

大企業とはいえど、大変だよね!

 

また、そんな現状を

乗り越えられるような

優秀な社員は重宝される。

 

しかし・・・

 

今の時代、

そんな優秀な社員でさえも

外注できる。

 

例えば、

 

実績あって優秀な人を

お金を支払って雇い、

 

その人が持っている

ノウハウを買う。

 

そして、それを

最新の技術製作に活かす。

 

じゃあ、どうして

そんな事をするのか?だけど、

 

会社内で

どんなに頑張って

 

活躍していたとしても、

所詮は井の中の蛙。

 

外の世界は全く知らないし、

しかも新しい

イノベーションは起きにくい。

 

だって、

閉鎖された環境に

 

新しい情報は

入ってこないからね!

 

また、いろんな会社の

実態を知っておくっていうのは、

 

いろんな会社が

抱えている悩みを

知ってるって事なので、

 

ライバル会社同士、

そんな情報を知ってる人は

価値が高いと感じる。

 

だから、

高額なコンサル料金であっても、

喜んで支払う。

 

まーそうゆう事だね。

 

で、なんだけど・・・

 

そんな事が

出来るような存在だった?

 

違うよね。

 

言われた事を

真面目に

長時間してただけだよね?

 

だから要は、

会社にとって価値が低いって

評価をされてしまった。

 

残念だけどね・・・」

 

 

すると、彼は

しょんぼりした声で、

こんな質問をしてきました。

 

 

「そんなー

 

じゃあ、どうしたらいいの?

 

というか、愛想尽かして

奥さんは子ども連れて

 

千葉県の実家に

帰っちゃってるし・・・

 

ハローワークで

再就職先を

 

最短で

決めないといけないし・・・」

 

 

なので、僕は

こんな提案をしました。

 

 

「ハローワークで

再就職先を

最短で決めないといけない・・・

 

ん〜確かに分かるよ。その気持ち。

 

でもさ、そんなのを

頑張ってしたところで、

 

意味無くない?

 

だって、

再就職出来たとしても、

 

いつクビになるのか?

 

っていう恐怖心は

心のどっかに

絶対あるじゃん!

 

それに、

自分で稼げない状態っていうのは、

 

いつも会社の機嫌を

伺っていないと

いけないので奴隷状態。

 

精神的な

ストレスを抱えつつ、

 

でも・・・

 

それって、

人生損してない?」

 

 

すると、彼は少し怒った声で、

こんな質問をしてきました。

 

 

「ん?

 

じゃあ、一体どうしたらいい!

 

つーか、今まで

会社員としてしか

働いた事がないのに、

 

自分で稼ぐって

そんな事が本当に可能なの?

 

かなり難しんじゃないかな・・・

 

特別な才能を持った人しか

出来ないような

そんな感じなんじゃない?」

 

 

なので、僕は

起業方法について

こんな提案をしました。

 

 

「確かに、

一般的なイメージだと、

 

かなり難しくて、

特別な才能を持った人しか出来ない!

 

っていうような

感じみたいだけど、

 

でも、関連記事にも

書かれているように、

 

基本をしっかりと学んでおいたら、

そんなに難しい事じゃないし、

 

それに、関連記事2 にもあるような事と

本気で向き合った場合、関連記事3 のような

人生の選択はしない方がいい。

 

だから、

関連記事4にあるような事から

したらいい。

 

誰でも最初は初心者だし、

しかも、失敗も多いと思う。

 

でもさ、その失敗は、

自分が起業家として成長するために

必要な要因になる。

 

また、

失敗を経験していく過程で、

 

そうだったのか!

 

っていうような

発見が多くあって、

 

それが良い

商品やサービスを

 

お客に

提供するきっかけになる。

 

まぁ、要は、

 

行動するか?

行動しないか?

 

ってだけなんだけど、

どうせ仕事するなら、

 

起業家として

仕事した方がいいんじゃない?

 

 

すると・・・

 

 

「ハローワークで再就職先を最短で決めないと!」

 

って言って彼は、

ヤフオクで、

不用品販売をしつつ、

 

ネットビジネスを学んで、

2週間で10万円稼ぎ、

こんな報告をしてきました。

 

 

「最初は、半信半疑。

 

でも・・・

 

実際にやってみると、

お客目線で

 

いろんな事を考えながら

しないといけないので、

 

実は頭使ってる事が多く、

それが会社員をしてた時と

全く異なる点。

 

また、

 

2週間で10万円稼げた!

 

っていうのは

自分の中でかなり大きく、

 

今後は

もっと稼げるよう

努力していこうと思ってる!」

 

 

人生は一回しかありません。

 

楽しい人生。

辛くて、しんどくて、悲しい人生。

 

どちらの選択も自由です。

 

 

でも、多くの人が

後者を選択してしまう理由は

 

1)みんな会社で働いているから

2)起業家はリスクがありそうだから

3)世間体が気になるから

 

など。

 

 

1円も価値無い

常識に縛られて、

 

身動きが取れない状態を

自分で選択する。

 

でも・・・

 

「それで人生楽しいか?」

 

そんな訳ないです。

 

 

だって、そんなのは

 

「自由な人生ではない!」

 

のですから・・・

 

 

で、この記事を

今、読んでるあなたも、

そう思いますよね?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ