イライラは健康を害す要因だから自由な人生を生きよう(1)







高橋です。

 

実は、最近、大学院時代の先生主催の

食事会に参加してきたんですが、

 

しかし、久しぶりに会った先生は、

かなり疲れている様子。

 

 

僕は心配になったので、

 

「先生、相変わらず、論文書いたり、

それを発表する学会の準備をしたりで、

忙しんですか?」

 

と聞くと、先生はにっこりと微笑んで、こんな事を言いました。

 

 

「高橋よ、研究者はいつも

日本の未来にとって役に立つ研究をして、

それをあらゆる手段を使って伝える義務がある。

 

だから、毎日朝9時〜夜11まで仕事は当たり前。

 

高橋だって、大学院を卒業して研究者になったら、

そのような生き方をしていたんだよ。

 

でも、今は、自分で起業して

自由な人生を生きているようなので、

まぁ、羨ましいちゃ羨ましいけどな・・・」

 

 

ちなみに、先生は、180cmの長身で、白髪。

 

東京大学大学院出身の75歳で、

顔はハリソンフォードのように彫りが深く、イケメン。

 

いつもパリッとした

アルマーニのスーツに青いネクタイを締め、

 

その中の白いシャツは愛妻が洗うたび、

きちんとアイロンかけてくれています。

 

そして、10年以上履いている黒い皮靴は、

専門の靴磨き職人に定時的に磨いてもらっており、

見た目も中身も完璧な僕の憧れの先生です。

 

 

僕は、話しが進んでいく過程で

どんどん元気をなくしつつも、

 

「本音」を言ってくれた先生の話を

もっと突っ込んで聞いてみたくなったので、

こんな事を質問しました。

 

 

「でも、先生はこれまでの人生の中で、

日本の未来にとって役に立つ

研究をしてきたじゃないですか?

 

だから、先生はこのままずっと

一流の研究者として頑張っていくべきです。

 

しかし・・・

 

さすがにそれを休みなくずっとしていたら

精神的に疲れてしまうだろうから、

 

たまには有給を使って

どっか旅行に行った方がいいですよ!

 

と、偉そうにアドバイスなんか、スミマセン・・・

 

ところで、先生は学生時代の僕に、

イライラは健康を害す要因だから、

 

それがないような

生き方をすべきと教えてくれましたが、

 

それって先生自身はきちんと意識して、

できているんですか?」

 

すると・・・

 

 

続きを読む












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ