UNIQLOが大ヒットした理由を主観で解説してみた(4)


ですが、

「よく考えたらそりゃそうだと思いませんか?」

 

だって、当時の僕らが来ていた

パタゴニアのフリース素材のジャケットは定価2万もしたし、

 

もっといいジャケットは5万以上で、

一番高いジャケットは10万円もしたんです。

 

ですが、およそ100人以上は

並んでいる行列の最後尾に並び、

 

待ち3時間待って

ようやく赤のフリースジャケットが買えた瞬間、

 

不安や不信感を抱いていたのを

忘れてしまうくらい嬉しかったし、

 

これからは「UNIQLOの時代だな!」と

心の中でそう思いました。

 

 

また、僕がそのように思ったのと

同じような気持ちをもった人が多かったようで、

 

2〜3万枚売ればヒットと言われるフリースを市場において、

UNIQLOは、当初掲げていた目標の200万枚を達成しました。

 

そして、翌年の1999年には、850万枚、

2000年には、2600万枚という

信じられないほどの驚異的な数を売り、

「UNIQLO=フリース」というイメージが定着。

 

 

「冬にUNIQLOのフリースを

着ていない日本人なんかいないんじゃないか?」

 

と思ってしまうほど、みんな着ていました。

 

ですが、「UNIQLO=フリース」というイメージは、

必ずしも「高級ブランドのような位置づけ」や

 

「UNIQLOというブランドの権威が絶大であった」

 

というわけではなく、

 

むしろ、「UNIQLO=安物」という印象が

 

「フリースが売れれば売れるほどスタンダード化」

 

されてしまいした。

 

すると、そのような状況を打破しようと、

いろんな試みをし、

 

 

例えば、

色なバリエーションを豊富にする、

ジャケット以外にパンツやインナー

 

それに靴下など種類の

バリエーションを増やすといった戦略で

 

「UNIQLO=安物」という

ブランドイメージを払拭しようとしましたが、

しかし、そのような戦略では全く解決できず、

 

今後は別の戦略で勝負を仕掛けてくるのですが、

しかしそれが逆に多くの日本人から

反感を買ってしまったのです。

 

 

続きを読む

あなたの人生を3ヶ月で変える無料メルマガ。豪華プレゼント付き。


17000人参加。登録無料。【期間限定】7つの「超豪華」特典付き。

東京都Aさん36歳 「無料メルマガ学んで1000万達成!」

埼玉県Bさん30歳 「無料メルマガ学んで500万達成!」

長野県Cさん40歳 「無料メルマガ学んで100万達成!」



【豪華プレゼントの内容】

・わずが5分で会社にバレないで副業を成功させるノウハウを手に入れる方法

・起業のリスクが怖いを30秒で解決する方法

・毎日3分読むだけで年間1億稼ぐ成功者の思考をインストールする方法

・不用品をヤフオクで10万に変える方法

・国内転売で3ヶ月で600万稼ぐ方法

・ブログでファンを3万人に増やした方法

・ツイッターで400万人につぶやきを読まれる方法

・Facebookで「いいね」を100以上獲得する方法

・メルマガ読者に100万のコンサルをバンバン売る方法

・1万人が欲しがるようなプレゼントを3日以内に簡単に作る方法



無料でノウハウを知る方法は簡単です。リンクを「クリック」してください。








 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ