GmailやSkypeでメルマガ読者の悩みを聞く理由(2)







しかし、仲良くなりすぎてしまって、

そこから友達のように

関わってしまいすぎると、

 

読者さんからしたら、

 

「ネットで知り合って仲良くなった友達の一人」

 

という認識です。

 

なので、

その関係性を打破して、

 

ビジネスに直接関係ある

アプローチをするのはかなり難しいです。

 

なぜならば、ビジネスで

お金を支払ってもらって

 

商品やサービスを購入してもらう場合には

「信用や信頼以外の友達関係は必要ないから」です。

 

 

「ちょいちょいちょい、高橋さん、

矛盾してますよ・・・

 

だって、GmailやSkypeで

メルマガ読者の悩みを聞く理由って

タイトルに書いてあるじゃないですか?

 

それに、そうなるために、

定期的に読者とブログやtwitter、

 

facebook、Instagram、

それにLINEなどで

 

コミュニケーションとって

仲良くなった方がいいんでしょ?

 

違う???」

 

そうです。正解です。

 

 

しかし、そのようなやり方では、

 

「ネットで知り合って仲良くなった友達の一人」

 

という段階から、

さらに商品やサービスを

買ってもらうために、

 

まずは信用してもらい、

次に圧倒的な信頼で何度も

 

「あなたから買いたい!」

 

というようにはならないです。

 

残念ながら・・・

 

 

「高橋さん、つまり、定期的に読者と

ブログやtwitter、facebook、Instagram、

 

それにLINEなどで

コミュニケーションとって

仲良くなった方がいいけど、

 

それからさらにビジネスをして

商品やサービスを

買ってもらうために、

 

まずは信用してもらい、

次に圧倒的な信頼で

何度もあなたから買いたい!

 

というような流れに

もっていかないといけないって事?」

 

そうです。大正解です。

 

 

でも、少し引っかかったところが

あったんじゃないでしょうか?

 

 

「う〜ん、そういえば、

信用と信頼って同じに思えるけど、

具体的にどう違のかが・・・」

 

そうなんです。そこなんです。

 

 

例えば、僕らって、

小学校卒業した後、中学校行って、

 

そして、高校進学したら

大学受験して、そのあと

就職しましたよね?

 

 

続きを読む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ