GmailやSkypeでメルマガ読者の悩みを聞く理由(1)







高橋です。

 

僕らが情報発信をする際に、

絶対に意識しないといけないのは、

 

「情報発信をしている自分を好きになってもらう!」

 

なんですが、

しかし、そうなるようになるためには、

 

 

読者が、

 

「おもしろいと感じる情報」

 

「ためになる情報」

 

「感動する情報」

 

などを発信し、定期的に読者と

ブログやtwitter、facebook、Instagram、

 

それにLINEなどで

コミュニケーションとって

仲良くなった方がいいです。

 

 

「高橋さん、ただ仲良くなるだけでいいの?」

 

そうですね。

 

基本的に最初は

「ただ仲良くなるだけでいい」のですが、

 

しかし、

そんな一般的な使い方では

あまり意味がないので、

 

もっと別の

有効活用をした方がいいです。

 

 

「え!?その有効活用って?」

 

このブログで

情報発信をしている僕も、

 

そして、その記事の話を

読んでいるあなたも、

 

「ビジネスで成功して今よりも、

もっと人生のステージ上げ向上したい」

 

という風に考えています。

 

ですよね?

 

 

また、それを目指すために、

日々いろんな努力をしています。

 

しかし、その努力がビジネスに

直接関係ないような努力であったなら、

 

「意味がない・・・」ので、

そうならないようにした方がいいです。

 

 

「高橋さん、確かに思い返してみると、

結構、意味がない事してたかも・・・」

 

そうなんです。

 

 

僕らって、

 

「自分が向かう先がどこにあって、

それをどんな手段で叶えていくのか?」

 

が明確になっていないと、

「意味がない遠回り」を

無意識にしてしてしまう事が多いです。

 

 

「高橋さん、なんか無意識って怖いですね・・・」

 

そうです。怖いんです。

 

 

例えば、GmailやSkypeで

読者の悩みを聞くとして、

 

それをするためには、定期的に読者と

ブログやtwitter、facebook、Instagram、

それにLINEなどで

 

コミュニケーションとって

仲良くなった方がいいし、

 

そこからさらに仲良くなるためには、

メルマガ読者になってもらって、

 

ビジネスに直接関係ある

アプローチをしていかないと

いけないのですが・・・

 

 

続きを読む












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ