FacebookやYouTubeで知り合いGmailで売る方法(4) 







ですが、

そのような状態では、

 

「FacebookやYouTubeで知り合い、

まるで親友のような関係になって、

 

そこから最終的に

Gmailで売る」

 

という目的が達成できないので、

そうならないように、

 

「知り合い方やその後の

自分の見せ方にこだわる必要がある」

 

のです。

 

 

「高橋さん、そんなの

普通の自己紹介でいいでしょ?」

 

 

そうですね。

 

確かに、自己紹介をしたら、

 

「この人は

どんな人なんだろう・・・」

 

「この人の事を

信用していいいんだろうか?」

 

「これからこの人と

仲良くやっていけるだろうか?」

 

などの不安を

抱えている状態からは

解放されます。

 

 

でも、それが

FacebookやYouTubeで

 

知り合った友達にとって

魅力的でなかったら

どうでしょう?」

 

 

「魅力の感じ方は、

人それぞれの違うし、

 

それに、

かなり抽象的な表現なので

分かりにくいなぁ・・・」

 

 

例えば、僕の場合、

まずは仲良くなるきっかけとして

 

「おもしろい情報発信」

 

をするようにしており、

それをきっかけに

 

コメントし合うような関係に

なっていきますが、

 

そこで、重要なのが、まずは、

 

「自分は一体何者で、

何を目的として

 

FacebookやYouTubeで

情報発信をしているのか?」

 

というのを

分かりやすく具体的に

明確に話す必要があります。

 

 

すると、

それを知った友達は

共感してくれ、

 

「そうゆう熱い思いでやっていたんだ!」

 

という風に好意をもってくれます。

 

 

ですが、

 

「そうゆう熱い思いでやっていたんだ!」

 

というだけでは、

 

「この人は

どんな人なんだろう・・・」

 

「この人の事を

信用していいいんだろうか?」

 

「これからこの人と

仲良くやっていけるだろうか?」

 

などの不安を抱えている状態からは

解放されません。

 

 

「高橋さん、じゃあ意味ないじゃん!」

 

 

いや、重要なのは、その後なんです。

 

「自分は一体何者で、

何を目的として

 

FacebookやYouTubeで

情報発信をしているのか?」

 

というのを、

分かりやすく具体的に

明確に話す必要があり・・・

 

 

続きを読む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ