AmazonせどりFBA・自己発送のメリット・デメリットを徹底比較!







高橋です。

 

今回は、

 

「AmazonせどりFBA・自己発送の

メリット・デメリットを徹底比較!」

 

っていうテーマで

話をしていきたいと

思ってるんですが・・・

 

 

もしかしたら、今、

この記事を読んでいるあなたは、

もう既に、

 

「AmazonせどりFBA・自己発送の

メリット・デメリットは知っている。

 

けど・・・

 

『徹底比較』ってなっていたので、

『なんか面白そう』って思って読んでいる」

 

っていう状態かも?知れませんね。

 

 

あるいは、

 

「Amazonせどりはもう既にしてて

現在、自己発送で

月商50万円くらいは稼げているが、

 

でも、今後は、

FBAを積極的に活用していきたいと

思っているので、

 

両方のメリット・デメリットの

『徹底比較』っていうのは、

『めちゃくちゃ気になる』ので読んでいる」

 

っていう状態かも?

 

 

もしくは・・・

 

 

「Amazonせどりを知っているし、

また、これから始めようと思っている。

 

で、そのために

『少しでも情報を仕入れておきたい』

って思って、

 

FBA・自己発送のメリット・デメリットを

『徹底比較』っていうのから、

学ぼうとしている」

 

っていうような、「せどり初心者」かも?ですね。

 

 

なので、今回は、

僕が実際にせどりで600万円稼いだ時、

 

「どのようは方法で発送していたのか?」

 

あるいは、

「何故その方法を選んだのか?」っていう話を

分かりやすく具体的に

説明していきたいと思います。

AmazonせどりFBAのメリット・デメリットとは?

せどり初心者の時、

ネットの中にある「いろんな情報」を仕入れ、

「それを活用しよう」って思った時、

 

「Amazonせどりするなら、

FBAで最高で自己発送は

デメリットしかない」

 

っていうよな情報発信をしている人がいるので、

 

「なるほど、AmazonせどりFBAの方がメリットあるのか」

 

って思ってしまい、

「その方法をしよう」と

「してしまいがち」ですが・・・

 

でも、僕は、その考え方は

オススメできません。

 

 

というのも、その方法は

「薄利多売」の販売戦略で、

 

しかも、Amazonせどり出品者が

FBAを利用する事で得られる、

「手数料ビジネスで大儲けしてるから」です。

 

 

また、AmazonせどりFBAを

利用する出費者の特徴として、

 

「ブックオフにある安価の本やCDを大量に仕入れている」

 

っていうような状態である場合が多く、

しかも、それら一つ売れて

粗利で150円〜1000円みたいな感じなので、

 

「たくさん売らないと稼げない・・・」

 

しかも、いちいち自己発送で送ってたら、

どんなに時間があっても、

足りなくなってしまう。

 

だから、必然的に「FBAを利用するしかない・・・」のです。

 

 

また、

ブックオフで仕入れてきた

 

商品の全ての検品を行い、

余計なシールを剥がし、

表面や裏側を磨き、

 

商品の全てに新たな値札をつけ、

納品書を作り、そしてようやく、

160サイズの段ボールに詰め込んで、

ヤマト運輸に電話する。

 

そうゆう流れを「毎回しないといけない」ので、

そうゆうような作業が面倒で、しかも、

 

「自分では絶対にしたくない」

 

っていう場合は、

バイトを時給800円で雇って、

すべての作業工程を教え、任せないといけません・・・

 

 

でも、ここで矛盾が生じます。

 

「Amazonせどりで

経済的に自由になって、

 

いつでも好きな時に、

グルメや観光目的で海外旅行したり、

趣味の時間を思っ切り楽しんだり、

 

親孝行のために

日本中いろんな場所に

温泉旅行したり出来ない・・・

 

だって、

月商100万円で利益率20%なので、

手取り20万円しか稼げない・・・

 

それって会社員の給料と同じ。

 

しかも、会社員より

『めちゃくちゃ忙しく働いている』のに・・・」

 

 

では、「何故そうなってしまうのか?」なんですが・・・

 

ビジネスの基本は、

 

1)高単価の物を沢山売る

2)手間や手数料がそんなにかからない

3)必ず売れる商品を仕入れる場所をいくつも確保している

 

などでないと、

「薄利多売」なのにめちゃくちゃ忙しく、

また、余計な経費がかかってしまう・・・

 

 

また、ブックオフの安価の本やCDは、

 

「それを仕入れて売りたい」

 

っていうような

「ライバルが沢山いる」ので、

安定した仕入れが出来ず、

 

その影響で

「売り上げが激減」なんて事が

よくあります。

 

 

もちろん、

 

「発送準備をしてFBA倉庫に送ってしまえば、

自動で発送してくれるので便利」

 

です。

 

でも・・・

 

それ以上にかかる

「精神的なストレス」を考えると、

あまりオススメ出来ません・・・

 

 

また、この章のまとめとして、

 

1)FBAメリット

 

「発送準備をしてFBA倉庫に送ってしまえば、

自動で発送してくれるので便利」

 

2)FBAデメリット

 

「薄利多売」なのに、めちゃくちゃ忙しく、

また、余計な経費がかかってしまう・・・

 

また、ブックオフの安価の本やCDは、

 

「それを仕入れて売りたい」

 

っていうような

「ライバルが沢山いる」ので、

安定した仕入れが出来ず、

 

その影響で

「売り上げが激減」する恐れがある。

Amazonせどり自己発送のメリット・デメリットとは?

僕は、絶対に自己発送しかしません。

それにはいくつかの理由があります。

 

1)クリックポストなら全国発送160円で、

しかもポスト投函でOK

 

2)仕入れた商品を「自宅で大切に保管出来る」ので、

地震や災害にも対応出来る(FBA倉庫でそれは無理)

 

3)「売れたら発送」なので、

FBA発送のような余計な作業や経費がかからない

 

など、メリットがあって、

しかも、「難しい工程を毎回こなす」っていう面倒な作業や、

 

「バイトを教育しないといけない・・・」

 

っていうような

 

「精神的なストレスを抱える心配がない」

 

ので、気軽にせどりが出来ます。

 

 

しかし、そんな状態であっても

 

「大きな金額が稼ぎたい」

 

っていうのが正直なところ。

 

ですよね?

 

 

ちなみに、

 

「僕がどんな商品をブックオフで仕入れてたのか?」

 

なんですが・・・

 

1)人気があって利益率が高い商品

2)プレミア価格で売れる商品

 

などです。

 

 

例えば、1)の場合、

 

「どんな商品なの?」

 

って思ってしまいますよね。

 

 

あるいは、

 

「そんな商品なんかあるの?」

 

っていうような

疑いを持ってしまいたくなる。

 

ですよね?

 

 

具体的な話をすると、

ブックオフの中で「せどりライバル」が

中々仕入れない商品。

 

それは・・・

 

医学書です。

 

 

僕は100店舗以上リサーチし、

また、せどりライバルの動向を観察してましたが、

 

みんな100円の本、

200円のCDなど、

 

同じような商品しか

仕入れていませんでした。

 

 

疑問に思った僕は、ある時、

とある「せどりライバル」に、

こんな質問をしてみました。

 

「何故、あなたは、100円の本、

200円のCDなどを仕入れるんですか?」

 

 

すると、帰って来た返事は・・・

 

 

「みんなそうしてるし、仕入れ資金をあまり使いたくないから」

 

っていうような超弱気な感じ。

 

 

そこで僕は、こんな風に心で思ったのです。

 

「せどりライバルが仕入れてない商品を

独占的に仕入れたら、大儲けできる。

 

それが、例えば、医学書だ。

 

だって、医学書を必要とするのは、

基本、医者か、それを目指す医学生。

 

しかも、どちらも、

経済的に余裕があって、

 

また、教育に関する投資はおしまない。

 

という事は、

ブックオフで100円や500円や1000円で

仕入れられる医学書を大量に仕入れたら、

大儲け出来る」

 

 

それに気づいて以降、

色んな店舗を回り、

500冊くらい仕入れまくって、

いざAmazonで出品すると・・・

 

「100円で仕入れた医学書が5000円」

「500円で仕入れた医学書が7000円」

「1000円で仕入れた医学書が1万円」

 

というような感じで売れていきました。

 

 

「え!?

 

そんなに高額な値段でも売れてしまうの?

 

でも・・・

 

そんなの『せどり初心者』には難しんじゃない?」

 

もしかしたら、そんな風に思ってしまったかも?知れません。

 

 

でも、実は、

 

「これから仕入れる商品を必要としているのは誰か?」

 

っていうのを考えつつ、仕入れるだけで、

 

「買い手がどんな人物なのか?」

 

っていうのを、

 

「ちゃんと意思して買う」ようになるので、

それを仕入れの際の習慣にしたらいいです。

 

 

少し話がずれてしまったので

元に戻しますが、

 

この章では、

 

「Amazonせどり自己発送のメリットしか話してこなかった・・・」

 

ですが、もちろんデメリットもあります。

 

 

例えば、

 

1)仕入れを頑張りすぎると

家の中が商品だらけになってしまう

 

2)毎回自己発送しないといけない

 

など。

 

 

1)に関してはFBAをする際にも

一回自宅に持ち帰るので、

同じような状態にはなりますが・・・

 

売れるまで商品が

家を占領するっていうのは

多少ストレスを感じてしまいます。

 

 

しかし、そんな場合であっても、

 

例えば、普段使ってない6畳の部屋を

「仕入れた商品の保管場所」にしてしまい、

 

簡単な棚を作って

そこに陳列しておけば、

綺麗にしかも見た目スッキリします。

 

 

また、2)に関しては、

 

例えば、別の用事があって、

どうしても家にいない時は、

 

「家族にお願いする」

「一定期間出品を停止する」

 

などの方法があります。

 

オススメは前者です。

 

 

というのも、せどりの梱包は

「誰でも出来る簡単な作業」なので、

家族にお願いしておき、

 

後で「お菓子やジュースを奢ったらそれでOK」なので、

時と場合に応じて、協力してもらいましょう。

まとめ

今回は、

 

「AmazonせどりFBA・自己発送の

メリット・デメリットを徹底比較!」

 

について、僕が実際に経験した中で

「成功したノウハウ」のみを話しました。

 

なので、「是非、参考にしてもらえたら嬉しい」です。

 

 

また、「せどりをする目的」が

 

「作業して月商100万円稼ぐ」

 

っていうのではない、

 

「せどりを教えて月収100万円稼ぐ」

 

っていうのをした方が

圧倒的に大きな金額が稼げます。

 

 

例えば、せどりで月に5万円稼げた。

 

そのノウハウを20人に教えたら

100万円の利益です。

 

200人に教えたら1000万円です。

 

2000人なら、1億円です。

 

 

と、そんな風に最初は作業をし、

次に教育者として多くの人達に

ノウハウを教えたら、

 

仕入れも出品も発送もしないでいいので、

 

「月収5万円程度でせどり卒業」

 

オススメです。

 

 

ちなみに、僕は「そうゆう考え方」で、

今は、教える側で稼いでいます。

 

教える側になってこれまで以上に

「せどりという仕事」にやりがいを感じ、

毎日充実してます。

 

 

最初は作業者、そして、稼げるようになったら教育者。

 

そうする事で効率的に早く

大きな金額が稼げるようになります。

 

 

人生は一回しか無いので、

効率よく早く稼げるようになって

自由な人生叶えた方が得ですね。

 

ルーチンワークを永年繰り返しながら、

作業者のままで利益率30%〜40%を目指して

 

「仕入れ・出品・発送」

 

に人生の貴重な時間を使ってしまうのは

あまりのも損です。

 

そうゆう理由から、

FBAより自己発送。

作業者より教育者なんです。












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ