高橋裕也物語を今回は話そうじゃないか!(449)


普段では

絶対に体験できないような

「1000円という激安価格」で、

 

しかも、

 

「年齢関係なく子どもは無料」

 

っていう魅力は

 

「今食べないと絶対に損する!」

 

っていうような気持ちにさせます。

 

 

例えば、

 

子どもの時に、

親が親戚からもらった高級なメロンは

普段絶対に食べられないから、

 

どんなに遊び忙しくても、

宿題の最中でも、

 

「絶対に親がメロンを切り、

それを皿に置く瞬間をまで見届けて、

それから、じっくり味わって食べよう!」

 

って心に決めている。

 

 

そして、その瞬間が来た時、

普段よりも目を大きく見開きながら、

生唾をゴクリッ・・・

 

で、いよいよ包丁が

メロンの中心に入った瞬間、

 

メロンの甘くて

フルーティーな香りが部屋中に広がって、

もうそれだけで幸せ。

 

 

で、

 

「中の色はどんなだろう?」

 

って興味深々で見てると、

 

半月型に切られた

メロンの中心部分は真っ黄色で、

 

そこから皮にかけて

だんだん緑色になっている。

 

 

「ん!?

 

なんかシールみたいなのが

貼ってあるぞ!

 

何だろう?」

 

って、丸くて金色のシールの

文字を読んでみると、

 

「日本一うまい高級メロン」

 

と書いてある。

 

 

「え!?そんなに凄いメロンだったの?

じゃあ、じっくり味わって食べないと!」

 

っていう気持ちになる。

 

 

すると・・・

 

 

そんな様子を見てた母親が

 

「早く食べないと美味しくなくなっちゃうよ!」

 

って、言ってくる。

 

 

で、慌ててスプーンを持って、

半月型に切られた

 

メロンの中心部分の

真っ黄色のところをスプーンで

丁寧にすくって、

 

ゆっくりと

口の中に入れる。

 

 

すると、

メロンの甘くてフルーティーな味が

 

口の中全体に広がり、

心地よい刺激をもたらす。

 

そして、口から思わず

 

「こんなに美味いメロンなんか食った事ない!」

 

っていうような言葉が

心の底から出る。

 

 

で、あっという間に

全部食べ終わってしまい

こんな風に心で思う。

 

「本当は

もっと食べたかったなぁ・・・

 

あーきっと

こんな美味しいメロンは

 

もう

食べられないんだろうなぁ・・・」

 

ってね。

 

 

「じゃあ、どうして、そんな気持ちになるのか?」

 

なんですが、それは、

 

「普段出来ないような体験をしてる!」

 

っていうような感動と、

それが終わってしまった

 

虚しさの両方を

一度に体験してしまったからです。

 

 

続きを読む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



僕は最近、メール一通で1500万稼ぎました。

メール一通で1500万て超絶怪しいですよね。

はいはい、詐欺師ね。

あるいは、お前には天才的な才能があったんだろ?

思ったことでしょう。

結論から言えば、才能はありません。

偏差値30の不良高校出身です。

実家も超貧乏っていうw

小さい時はたくさんイジメを受けました。

円形脱毛症になるっていうw

マジで底辺の人生でした。

そんな僕でもビジネスで稼いで自信が持てて、

自由な人生を叶えることができました。

僕できて、あなたにできない理由はない。

断言できます。

僕のメルマガでは、誰でも成功できるリスクなしの方法。

しかも、簡単に稼げるようになる方法を無料で教えてます。

期間限定の7つの超豪華特典付き。

↓↓↓

今すぐ無料で読む


もう「超豪華特典」は削除します。

もう二度と手に入りません。

今すぐ行動して無料で手に入れましょう。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ