高橋裕也物語を今回は話そうじゃないか!(47)


普通なら、

夜8時に自宅玄関の

チャイムが鳴っていきなり、

 

訪問セールスされたら

心を閉ざし、

 

「今、忙しので、帰って下さい。迷惑です!」

 

と、無愛想に言って

追い返してしまうでしょう。

 

 

しかし、玄関を開けた瞬間、

木村拓哉さんのようなイケメンで

 

身長175cm体重60kgくらいの男が

高級そうでパリッとした

紺色のスーツをスマートに着こなし、

 

しかも、情熱色の赤いネクタイの下には

真っ白で清潔そうなシャツを着ている。

 

 

また、右腕にしている

ロレックスサブマリーナは、

 

男の色気と

エレガントさを演出している。

 

しかも、足元には、

よく手入れの行き届いた

黒い皮靴を履いている。

 

 

そして、その男は、

左手に持っていた

 

トムフォードのビジネスバックから、

書類を取り出し、

優しい口調でこんな風に話し出す。

 

 

「こんな夜分の遅くに、突然すみません。

 

私、株式会社

SKグループ営業担当の村木です。

 

また、弊社は主に太陽光発電の

開発、販売を手掛けておりまして、

 

実は会社の帰りに偶然見かけた、

こちらのお宅が立派で、

 

そこに、弊社が

今、一押しでオススメしている

太陽光パネルが合うんじゃないかと思い、

 

だから当然

お邪魔しちゃったんです。

 

ちなみにですが、現在

月の電気料金は

 

お幾らくらい

かかってますでしょうか?」

 

というところまで、

およそ5分以上は

 

かかっているにもかかわらず、

話を聞いてしまっている。

 

 

しかも、

 

「そうですね。家族4人で

月に1万5000円てとこでしょうか・・・

 

で、その太陽光パネルって

具体的にはどうゆう物なんですか?」

 

という質問まで・・・

 

 

「高橋さん、つまり、その時点で

話を聞く体制になってもらうレベルの

信用は得られたって事だよね?」

 

 

そうですね。正解です!

 

 

さらに、たたみかけるように、

 

「そうですね。

 

基本的には、

ご自宅の屋根に

太陽光パネルというものを設置し、

 

そこに集まる

太陽光エレルギーを

自宅で使える電気として蓄え、

 

家族4人がそれを利用する際、

テレビやパソコン、

それに冷蔵庫や電子レンジなどが使えます。

 

また、電気は

銀行貯金のように使わなければ、

蓄え続けどんどん増えていくので、

 

長い目で見たら、

電力会社に毎月1万5000円支払って、

年間18万円かかるより、

 

太陽光パネルは

一回買ってしまえば、

 

もう、それ以降は

1円も電気代金はかからないので、

 

これまで、

年間18万円かかっていた電気料金を、

 

家族旅行に使うって事も

可能になります。

 

また、お子様の将来の事を考え、

貯金しておくのもいいですよね?

 

だって、

もしかしたら、将来、

 

お母さん、

アメリカに短期留学したい!って

言う可能性があるし、

 

これからは

どんどんグローバル化が

進んでいきますからね。」

 

というような、

 

「買ったらこんないい事ありますよ!」

 

を、全面に押し出し、感情を揺さぶった。

 

 

なぜならば・・・

 

 

続きを読む

あなたの人生を3ヶ月で変える無料メルマガ。豪華プレゼント付き。


17000人参加。登録無料。【期間限定】7つの「超豪華」特典付き。

東京都Aさん36歳 「無料メルマガ学んで1000万達成!」

埼玉県Bさん30歳 「無料メルマガ学んで500万達成!」

長野県Cさん40歳 「無料メルマガ学んで100万達成!」



【豪華プレゼントの内容】

・わずが5分で会社にバレないで副業を成功させるノウハウを手に入れる方法

・起業のリスクが怖いを30秒で解決する方法

・毎日3分読むだけで年間1億稼ぐ成功者の思考をインストールする方法

・不用品をヤフオクで10万に変える方法

・国内転売で3ヶ月で600万稼ぐ方法

・ブログでファンを3万人に増やした方法

・ツイッターで400万人につぶやきを読まれる方法

・Facebookで「いいね」を100以上獲得する方法

・メルマガ読者に100万のコンサルをバンバン売る方法

・1万人が欲しがるようなプレゼントを3日以内に簡単に作る方法



無料でノウハウを知る方法は簡単です。リンクを「クリック」してください。








 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ