高橋裕也物語を今回は話そうじゃないか!(425)







子どもの時から親や教師に

 

「失敗=ダメ人間」

 

というような

教育をされてきました。

 

 

例えば、

 

親の言う事を

聞かないといけない・・・

 

学校のテストの点数が

よくないといけない・・・

 

友達たくさん作って

みんなで仲良くしないといけない・・・

 

など。

 

 

で、そういったルールが

ちゃんと守れないと、

 

「失敗=ダメ人間」

 

っていうような

レッテルを貼られてしまう。

 

 

しかし、

大人になって、

 

親の言う事を

聞かないといけない・・・

 

学校のテストの点数が

よくないといけない・・・

 

友達たくさん作って

みんなで仲良くしないといけない・・・

 

などが

 

「ちゃんと出来てないと失敗=ダメ人間か?」

 

っていうとそうでもなく、

 

 

むしろ、

 

「独自性の高いライフスタイル」が

「いろんな人から共感」され、

 

そこに

価値が見出された情報発信者が、

 

稼ぎながら「自由な人生」を

「愛する人達と共」に

 

「コミュニティー」を作りながら

生きてる様子の方が、

 

心にグッとくるし

「そうなりたい!」って憧れられます。

 

 

また、

 

親の言う事を

聞かないといけない・・・

 

学校のテストの点数が

よくないといけない・・・

 

友達たくさん作って

みんなで仲良くしないといけない・・・

 

など、「みんながしてる事」は

みんながしてるが故に

「価値が低い」ので、

 

「そうなりたい!」

 

って憧れられるような事は

ありません。

 

 

例えば、

 

親の言う事は

古い価値観を基準にしてるので、

 

日々変わりゆく時代に

対応出来ません。

 

 

また、

学校のテストの点数なんか

 

社会に出てしまったら

意味がなく、

 

実力勝負で、しかも、

 

 

友達と仲良く一緒に頑張ろう!

 

 

みたいな

「甘っちょろいB級ドラマ」のような事は

「絶対にない!」です。

 

 

と・・・

 

 

そんな風に

断言してしまうと、

 

「えー今まで信じてた事は

意味なかったって事?」

 

みたいに思いましたか?

 

 

でもですよ。

 

「気が付けたって事に価値がある」

 

っていうように考えたら、

 

「得したな!」

 

って、そう思いませんか?

 

 

で、例えばですが、

 

ほとんどの人は、

子どもの時から親や教師に

 

「失敗=ダメ人間」

 

というような

教育をされてきた事を信じたまま、

 

それを疑う事もなく

今を生きてます。

 

 

本当に重要な事に

気がつかないままね・・・

 

 

続きを読む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ