高橋裕也物語を今回は話そうじゃないか!(154)







メールマガジンは基本、

一対一の関係が演出できるので、

 

濃いファンになった読者が、

情報発信者に相談した際、

 

「すでに心を開いた状態」

 

になっているので、

売るための説得をしないでも、

 

「これって

高橋さんがオススメしてる商品だから

買った方がいいな!」

 

と、判断してくれます。

 

ですが、そうなる前に

しておかないといけないのが、

 

信用関係から信頼関係に

変化してもらえるような

 

内容の濃い

情報発信を常に、

 

ブログやtwitterやfacebook、

YouTubeでしておく。

 

 

で、例えば、

その内容の濃い情報発信て、

 

他の情報発信者が

有料でないと

教えないような内容を、

 

「あえて無料で全部公開してしまう!」

 

というような、

読者にとってメリットになるよう、

 

あるいは、

「得したなぁ!」と

思ってもらえるようにするといいです。

 

 

「高橋さん、

 

メールマガジンは基本、

一対一の関係が演出できるので、

 

濃いファンになった読者が、

情報発信者に相談した際、

 

すでに心を開いた状態

 

になっているので、

売るための説得をしないでも、

 

これって高橋さんが

オススメしてる商品だから

買った方がいいな!

 

と、判断してくれます。

 

ですが、

そうなる前にしておかないと

いけないのが、

 

信用関係から信頼関係に

変化してもらえるような

 

内容の濃い情報発信を常に、

ブログやtwitterやfacebook、

YouTubeでしておく。

 

で、例えば、

その内容の濃い情報発信て、

 

他の情報発信者が

有料でないと教えないような内容を、

 

あえて無料で全部公開してしまう!

 

というような、

読者にとってメリットになるよう、

 

あるいは、得したなぁ!と

思ってもらえるように

するといいですって・・・

 

要は、ケチらないで、

どんどん、内容の濃い情報発信を

しちゃうって事?」

 

 

そうですね。

 

徹底的に

読者を得させるって気持ちでないと、

 

他の情報発信者と

差別化なんかできません。

 

というか、

ネットビジネスの世界って

 

「目立ってなんぼ!」

 

みたいなとこあるので、

そうした方がいいです。

 

なので、

恥ずかしいとか

言ってる場合じゃないんです。

 

 

「高橋さん、

 

でもさ、

ネットビジネスの世界って

 

目立ってなんぼ!

 

みたいなとこあるので、

そうした方がいいです。

 

なので、

恥ずかしいとか

言ってる場合じゃないんですって・・・

 

ただ目立つだけじゃ、

意味ないよね?」

 

 

そりゃそうです。

 

きちんと考えてしないといけません。

 

 

で、その方法なんですが・・・

 

 

続きを読む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ