高橋裕也物語を今回は話そうじゃないか!(122)


情報発信者が

情報発信をする際にも

同じような事をしたらよくて、

 

例えば、

「ホラー映画を見に行ったら怖かった・・・」っていう

情報発信を、

 

ブログやtwitter、

facebookにYouTube。

 

あるいは、

InstagramにLINEでした場合、

 

それを見た読者の気持ちって、

 

「まぁそりゃそうでしょうね・・・

だって、ホラー映画なんだからさ。

で、だから何なの?」

 

というような感じです。

 

 

ですが、よく考えてください。

 

 

ただ事実のみを

情報発信している情報発信者を

 

どこの誰が

応援したいって思うでしょうか。

 

いやむしろ、「めっちゃ好き!」とか

絶対無理な気がしませんか?

 

 

で、だったら、

こんな風に表現した方がいいです。

 

 

「月に3回しかない貴重な休み。

 

俺は普段しない体験を

しようと思いつき、

ホラー映画を見に行った。

 

しかも一人で。

 

今年で

20歳になった俺はもう大人だし、

 

まぁ、そんなに大して

怖くはないだろうと・・・

 

心のどこかで

舐めていた部分があった。

 

しかし、

予想に反し内容が超怖かった。

 

白髪頭のボサボサの老婆が、

白い顔で眼球はなく、そこから血が出ている。

 

しかも

白いワンピースのようなのを着て

そこには返り血がたくさん。

 

しかも右手には

30cmくらいある包丁で、

 

左手には何やら

人の頭のようなものを持っている。

 

心の中で、いやまさか!

そんな事はないっしょ・・・って、

よく見てみると、

 

50歳くらいの短髪で

ふっくらした顔つきの男性が

 

首を切られた状態で

目は開いたまま

ブラ〜ン、ブラ〜ンとしていた。

 

もちろん、

切られた首からは

 

血がボトッ、ボトッって落ちて、

その音がさらに怖さを増幅させた。

 

そして、

そんな怖い映画を2時間見た後に、

 

俺は自宅まで

トボトボと歩いて帰った。

 

確か、

夜の12時くらいだった思う。

 

夜中特有の独特で

不気味な雰囲気の中、

 

周囲には

小さな街灯が何個かある程度で、

ほとんど真っ暗な状態。

 

俺はそんな状態を

なんとかしようと

スマホを懐中電灯代わりにして、

 

さらにそこから

15分程度歩いた。

 

すると、

いつも出しているゴミステーションに、

誰かがゴミを出していた。

 

俺は、

こんな時間にゴミ出しするなんて

常識ねぇなぁ!誰だよ?って、

 

そいつが

どんな奴なのか確かめるために、

近寄ってみた。

 

すると、なんとそこには・・・

 

白髪頭のボサボサの老婆が、

白い顔で眼球はなく、

そこから血が出ている。

 

しかも

白いワンピースのようなのを着て

そこには返り血がたくさん。

 

しかも右手には

30cmくらいある包丁で、

 

左手には何やら

人の頭のようなものを持っていた。

 

いや、さっき見た映画じゃん。

 

マジか?

 

俺はもうパニック状態。

 

一刻も早く

この場から逃げないと!

 

そう思った俺は、

一目散にその場から逃げた・・・」

 

 

続きを読む

あなたの人生を3ヶ月で変える無料メルマガ。豪華プレゼント付き。


17000人参加。登録無料。【期間限定】7つの「超豪華」特典付き。

東京都Aさん36歳 「無料メルマガ学んで1000万達成!」

埼玉県Bさん30歳 「無料メルマガ学んで500万達成!」

長野県Cさん40歳 「無料メルマガ学んで100万達成!」



【豪華プレゼントの内容】

・わずが5分で会社にバレないで副業を成功させるノウハウを手に入れる方法

・起業のリスクが怖いを30秒で解決する方法

・毎日3分読むだけで年間1億稼ぐ成功者の思考をインストールする方法

・不用品をヤフオクで10万に変える方法

・国内転売で3ヶ月で600万稼ぐ方法

・ブログでファンを3万人に増やした方法

・ツイッターで400万人につぶやきを読まれる方法

・Facebookで「いいね」を100以上獲得する方法

・メルマガ読者に100万のコンサルをバンバン売る方法

・1万人が欲しがるようなプレゼントを3日以内に簡単に作る方法



無料でノウハウを知る方法は簡単です。リンクを「クリック」してください。








 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ