高橋裕也物語を今回は話そうじゃないか!(103)


「え!?高橋さん、

 

ブログやメールマガジン、

それにtwitter、facebook、YouTube。

 

あるいは、

InstagramやLINEなどの他に、

 

もっといい

アピールの方法があるの?

 

だったら早く教えて!」

 

 

僕は、例えば、

 

貧しい農民出身の

木下藤吉郎(豊臣秀吉)は、

 

「戦国の世では己の才覚のみでどうとでもなる!」

 

という確信を軸とした行動を

幼少期からしており、

 

織田信長と

運命的な出会いをしてからは、

 

草履取りとして、織田家に仕えると、

瞬く間に織田家筆頭武将になってしまった。

 

しかし、それは、

 

「力ずくでどうにかした!」

 

という事ではない、

 

「人の心を動かす対話術」

 

を巧みに利用し、

敵を味方にする事で、

仲間増やす事に成功し、

 

だから、

織田家の武将として、

 

どんどん勢力を

拡大する事ができたのです。

 

また、晩年、豊臣秀吉は、

家臣達に対して

こんな風に言ったそうです。

 

「人の心を掴める奴が天下取りになれる!

 

そう、それは、

自分を好きになってもらえるような

努力をする事を怠らず、

 

しかも、常に楽しませる!っていう、

意識を忘れない事が重要。

 

なぜならば、

人は、楽しい事が大好きだから!」

 

という、

今でも十分通用するような

 

「人間関係の中で、

いかに目立って

強かに生き抜いていくか?」

 

という教え。

 

 

で、よく考えると、

その時代って、

 

ブログやメールマガジン、

それにtwitter、facebook、YouTube。

 

あるいは、

InstagramやLINEなどは

ないわけですよ。

 

だって、

そりゃそうですよね。

 

400年以上前なんですから。

 

 

しかも、

 

「戦国の世の中では己の才覚のみでどうとでもなる!」

 

というところや、

 

「人の心を掴める奴が天下取りになれる!

 

そう、それは、

自分を好きになってもらえるような

努力をする事を怠らず、

 

しかも、常に楽しませる!っていう、

意識を忘れない事が重要。

 

なぜならば、

人は、楽しい事が大好きだから!」

 

など、

先人からの教えから分かる事。

 

 

それは、

「人と徹底的に向き合う!」っていう

シンプルな人間関係での常識です。

 

 

じゃあ、その常識は、

僕がさっき話した、

 

例えば、小学校から〜中学校、

それに高校や大学に進学するまでの過程で、

 

「こうせねばならない!」

 

という偏った価値観を

教わってしまっているので、

 

「それに従わない自分が許せない!」

 

という風に

意識的にか、無意識的に思っているため、

 

だから、主観的に

 

「人とはこうだ!」

 

みたいなのを

決めてしまうのですという話と

少し意味が違っています。

 

というのも、

両者のそもそもの違いは・・・

 

 

続きを読む

あなたの人生を3ヶ月で変える無料メルマガ。豪華プレゼント付き。


17000人参加。登録無料。【期間限定】7つの「超豪華」特典付き。

東京都Aさん36歳 「無料メルマガ学んで1000万達成!」

埼玉県Bさん30歳 「無料メルマガ学んで500万達成!」

長野県Cさん40歳 「無料メルマガ学んで100万達成!」



【豪華プレゼントの内容】

・わずが5分で会社にバレないで副業を成功させるノウハウを手に入れる方法

・起業のリスクが怖いを30秒で解決する方法

・毎日3分読むだけで年間1億稼ぐ成功者の思考をインストールする方法

・不用品をヤフオクで10万に変える方法

・国内転売で3ヶ月で600万稼ぐ方法

・ブログでファンを3万人に増やした方法

・ツイッターで400万人につぶやきを読まれる方法

・Facebookで「いいね」を100以上獲得する方法

・メルマガ読者に100万のコンサルをバンバン売る方法

・1万人が欲しがるようなプレゼントを3日以内に簡単に作る方法



無料でノウハウを知る方法は簡単です。リンクを「クリック」してください。








 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ