転職の選び方の参考はテレビやネットや本やクチコミだけで大丈夫か?







高橋です。

 

今回は、

 

「転職の選び方の参考は

テレビやネットや

本やクチコミだけで大丈夫か?」

 

っていう話を

していきたいと

思ってるんですが・・・

 

 

もしかしたら、

今、この記事を読んでいるあなたは、

 

「転職の選び方の参考は

テレビやネットや

本やクチコミだけで大丈夫なの?

 

もしかしたら、

もっと他に良い方法があるんじゃない?」

 

っていうような事を考え、

検索エンジンを使い、

これまで、いろんなサイトを巡ってきた。

 

 

でも、正直言うと、

 

「なんかこれといって目ぼしいの無かったなぁ・・・」

 

って思って、

 

「もう諦めようか・・・」

 

って検索するのを

やめようとした時、

最後に見たこのブログのタイトルに、

 

「転職の選び方の参考は

テレビやネットや

本やクチコミだけで大丈夫か?」

 

ってあって驚愕。

 

 

「え!?

 

マジで・・・?

 

今、まさに知したいと思っていた事を

回答してくれろうなブログ記事だ。

 

ん!?

 

いや、待てよ。

 

話が上手くいきすぎている。

 

だから、もしかしたら、

詐欺的な勧誘かもしれないから、

 

興味や関心を引かれつつも、

十分注意して読み進めていこう」

 

って思った。

 

 

では、そもそもな問題として、

 

「何故、そんな事をしていたのか?」

 

なんですが・・・

 

 

実は、今の職場環境の

不快、苦痛、苦悩、不愉快などの悩みを

解決したいから。

 

で、そのために必要な情報を知って、

人生を変えたいと思っているから。

 

ですよね?

 

 

そんなあなたのこれまでの人生は・・・

 

 

子どもの時から、

親の言う事は真面目に聞いて、

 

「勉強を毎日しっかりする」

 

というような優等生タイプ。

 

周囲から「真面目な子」そんな評価を受けていた。

 

そんな自分に違和感を感じつつ、

 

でも・・・

 

ある時、親から教えられた

「この世の現実」から掛け離れた、

「理想の世界の住人」になるべく、

ただひたすら勉強した。

 

 

でも、内心、

 

「このままでいいのか?」

 

って迷いや不安が常にあって、

集中して勉強しつつも、

 

「でも、どこかいつも集中してない・・・」

 

というような感じだった。

 

 

では、

 

「具体的にどんな教育をされていたのか?」

 

なんですが・・・

 

 

「偏差値の高い進学校に進学。

それから東京で一流の大学に進学。

就職先は、大企業。

 

新人の時からバリバリ働いて、

どんどん会社の中で頭角を現し、

高い評価を受け、毎年、3万円くらい昇給。

 

また、数年に一度、昇進。

 

30歳になったら、

数年間交際している彼女と結婚。

 

それを機に港区内の高級マンションを

30年ローンで7500万円で購入。

 

そこに住んでから2年経過した頃、

ようやく待望の第一子が誕生。

 

それをきっかけに、

それまでしてこなかった親孝行をし始め、

お互いの両親を自宅に招きつつ、

 

『子どものとの時間を楽しんでもらう』

 

っていうような事を

3ヶ月に一回程度する。

 

また、その他にも、

大学時代の仲間達を自宅に招き、

ミニホームパーティーをしつつ、

異業種間で情報交換をする。

 

で、それが

 

『新たなビジネスチャンスに繋がる』

 

ようにする。

 

また、別の機会に、

会社の仲間を呼んで、交流会をしつつ、

 

『親交を深める』

 

っていうような事も余念なくする。

 

しかし・・・

 

そのような事ばかりしていては、

 

『家族だけの楽しい時間を過ごす』

 

っていう事が出来ないので、

定期的に有休を取って、

 

春は、桜舞い散る京都で

風情を感じながら花見を楽しみ、

 

夏は、沖縄の海で泳ぎ、

動いてお腹が空いたら、

ソーキそばを堪能。

 

秋は、深い山々に囲まれた長野で

紅葉を楽しみつつ、

大きくて甘い栗ご飯を食べる。

 

冬は、北海道に行って、

大きな大地のパワーを感じつつ、

新鮮なマグロ、イクラ、ウニ、カニなどを食べる。

 

と、そんな風に、

家族サービスもきちんとして、

 

一家の大黒柱として

重要なポディションであるのを

強くアピールする。

 

また、子どもの成長に伴い、

教育にかける投資の額を大きくし、

あらゆる体験をさせるために、

 

定期的に海外旅行にも出かけ、

体験ベースで、

 

『世界とは何か?』

 

っていうのを知ってもらい、

 

『人間として大きくなってもらう』

 

ようなアプローチをする。

 

で、将来の日本に

大きなイノベーションを与えられるような人に育つよう、

大切に育てる。

 

しかし・・・

 

もし、それが叶わないような

人生になってしまったら?

 

偏差値の低い高校に進学。

それから東京で三流の大学に進学。

 

就職先は、

大企業の下請けの下請けの

孫請け会社。

 

毎日奴隷のような扱いを受け、

馬車馬のように1日14時間も働く。

 

また、

月の休日は4日程度しかなく、

寝て過ごす事が多い。

 

というか、

日頃の疲れが溜まりすぎてて、

それしか出来ないっていうのが本音。

 

また、そんな少ない休日なのに、

付き合いでゴルフに

行かないといけない時が多い。

 

正直、めちゃくちゃ面倒。

 

しんどい・・・

 

でも、仕事をくれる

大企業の重役なので、

無視した時点で、仕事を失う可能性がある・・・

 

だから、本当は嫌だけど、

 

『めちゃくちゃ楽しみにしてました』

 

っていうようなテンションで参加する。

 

胃がキリキリ、胸はムカムカ。

 

そんな状態を隠しながらね・・・

 

また、そこまで頑張っているにも関わらず、

月の給料が手取り15万円しか貰えない。

 

生活していくのがやっと・・・

 

6年も交際している彼女がいるけど、

経済的な問題を考えたら、

 

『結婚しよう』

 

って言い出せないまま、グズグズしている・・・

 

7年目の交際記念日に、いきなり、

 

『別れよう・・・』

 

って突然の告白。

 

動揺しつつも、承諾してしまう。

 

それから、一人孤独になってしまい、

築30年で家賃が4万円の

老朽化したアパートの一階から

毎日会社に行く。

 

その繰り返しをする生活を

定年退職まで続けた・・・

 

定年退職後は、

地域の廃品回収のボランティアをする時以外は、

 

基本、六畳一間の中で、

大量に買いだめされたカップ麺と炭酸飲料、

 

それに焼酎の2リットルのストックが

山のように積んである狭いスペースの中で、

テレビを見ながら、時間を潰す・・・

 

何時間も何時間もね・・・

 

朝昼夕と、お腹が空いたらカップ麺を食べ、

それを炭酸飲料で流し込み、

最後に焼酎も飲んで寝てしまう・・・

 

そんな事の繰り返し。

 

生きる目的を失い、

最低限生きるために必要な

欲求を満たすのみの人生・・・

 

学生時代の友人達が

大企業の中で、どんどん頭角を現し、

どんどん昇給し、昇進した後、結婚。

 

マイホームを購入し、可愛い子ども生まれ、

それから、子育てを楽しみつつ、

 

子どもの成長を見守りながら、

定年退職まで仕事をし、

 

定年退職後も会社のご意見番として、

重要なポディションで活躍している。

 

まさに、順風満帆な人生。

 

そんな人生と比較し、

自分は乞食のような人生・・・

 

そして、

 

『何故あの時、勉強をもっと頑張らなかったのか?』

 

っていう、後悔をしながら、生きる・・・

 

数年間の不摂生な生活は、

健康を害す大きな要因となって、

 

65歳を過ぎた頃から、

頻繁に呼吸困難になってしまい、

 

激しい腹痛やめまいなど、

明らかに、体がおかしい。

 

でも病院に行けば、

多額な医療費を請求されてしまうので、

そのまま放置・・・

 

それから、1年後・・・

 

ある時、夜に焼酎を飲んでいる時、

急に胸が苦しくなって、

電話で救急車を呼ぼうとしたが、

 

でも、胸の苦しみの方が勝り、

電話が出来ないまま倒れ、孤独死・・・

 

また、そんな状態に

気付いてくれるような人がいないので、

そのままの状態で放置・・・

 

孤独死したままの死体が

3週間も放置されてしまうと、

 

死体は腐り、腐敗臭という

激臭が近所中に充満。

 

異変に気付いた大家さんが警察に通報。

 

ようやく発見された。

 

しかし、その様子は見るも無残で、

死体には、1000匹くらいの

ウジ虫がウジョウジョ群がり、

 

また、部屋の中に

溜まりに溜まったカップ麺や炭酸飲料の空き缶、

 

飲みかけの焼酎の

大きなペットボトルなど、ゴミ山には、

 

ゴキブリが20匹ほどいて、

食べかけ、飲みかけに群がっている。

 

物音を立てる度に、

ビックリして部屋の中を飛び回る。

 

その光景は、まるで地獄のよう・・・

 

そんなように、

偏差値の低い高校に進学。

 

それから東京で三流の大学に進学。

 

就職先は、

大企業の下請けの下請けの

孫請け会社で定年まで働き、

 

結婚もしないまま、

孤独死する人生。

 

そうなってしまってもいいの?」

 

親に頻繁に言われた。

 

 

「何が何でもそのような未来は避けたい」

 

そう思って、真面目に勉強した。

 

 

でも、それは、

 

「勉強したいから」

 

っていう純粋な思いではない、

「恐怖心」に突き動かされていた。

 

それが本音。

 

 

子どもの頃から猛烈に勉強したので、

偏差値が高い高校に進学し、

それから、東京で一流の大学にも進学出来た。

 

そして、大企業面接では、

「これまでの人生の集大成」って思いから、

 

気合が入りすぎて

「空回りしてしまう」場面が多くあった。

 

 

だから、

 

「もしかしたら・・・不合格?」

 

って内定通知が自宅に届くまでは、

不安に思っていた。

 

けど・・・結果的に合格。

 

晴れて、エリート人生の幕開けとなった。

 

 

日本で誰もが知っている

大企業で任された仕事は、

 

高性能なのに低価格な

衣類のマーケティングで、

 

「今、市場が求めてる商品は何か?」

 

っていうのを徹底的にリサーチし、

それからさらにターゲットを絞っていく。

 

 

最終的に低コストかつ高品質な商品を

市場に低価格で出すようにする。

 

そんな仕事をしている。

 

 

また、そのような事を

1から10まで実現するためには、

 

インドや中国に大きな工場を作り、

そこに数千人規模の外国人労働者を配置し、

 

いつでも大量に作って

日本に向けて船んで、

 

各店舗で新商品が

いつでも売れるようにする。

 

そんな事を10年以上した。

 

 

しかし、技術革新が起こり、

全自動で商品を作ってしまう

仕組みが完成してしまうと、

 

「必要無くなってしまった労働力をカット。人件費削減」

 

数千人規模の外国人労働者をリストラ・・・

同様に、日本人の労働者もリストラ・・・

 

 

では、

 

「何故、そんな事をしたのか?」

 

なんですが・・・

 

 

その理由は簡単で、

全自動で商品を作ってしまう仕組みが完成し、

余計な人件費をかけたくない会社は、

 

「特別な才能がある社員以外必要ない」

 

っていう方針に変えた。

 

 

理不尽な仕打ちで、憤りを感じる。

 

 

また、「大企業=生涯雇用」っていう、

これまでの常識をぶっ壊した対応は、

 

「もしかしたら自分もリストラされてしまうかも?」

 

っていう恐怖心を感じされるものだった・・・

 

 

だから、

 

「転職の選び方の参考は

テレビやネットや本や

クチコミだけで大丈夫なの?

 

もしかしたら、

もっと他に良い方法が

あるんじゃないか?」

 

っていうような事を考え、

検索エンジンを使い、

これまで、いろんなサイトを巡っていた。

 

ですよね?

 

 

気持ち分かりますよ。

 

確かに、ここ何十年も

日本経済は低迷してて、

 

でも、高性能なのに

低価格な衣類の市場提供で

大きな利益を出す事に成功した大企業は、

 

「さらに規模拡大したい」

 

って思いを抱えつつ、でも、同時に、

 

「人件費も極力抑えたい」

 

っていう欲張りな戦略が、

 

「特別な才能がある社員以外必要ない」

 

っていう方針に変えた大きな要因。

 

 

また、それに拍車をかけるような、

全自動で商品を作ってしまう

仕組みが完成したのも事実。

 

だから、

転職も視野に入れた行動をしつつ、

 

「いつかその時のために準備したい」

 

っていうような事を考えた。

 

ですよね?

 

 

で、なんですが・・・

 

 

僕の個人的な意見として、

 

「雇用から卒業がいいのでないか?」

 

って思います。

 

 

その理由は・・・

 

 

例えば、雇用されてるっていうのは、

会社でどんなに頑張ったとしても、

転職先でどんなに頑張ったとしても、

 

「クビになってしまうリスクを常に考えないといけない・・・」

 

なので、心の安心がありません。

 

「もし、リストラされてしまったらどうしよう・・・」

 

そんな、悩み、苦痛、苦悩、

不安を抱えたままの人生なってしまいます。

 

 

そんなのから、

 

「一刻も早く解放されたい」

「快適な生活を愛する家族と一緒にしたい」

 

そうゆう風に思った時、

転職はデメリットしかありません・・・

 

 

では、「どうしたら解決出来るのか?」なんですが・・・

 

 

まずは副業。

次いで、起業した方がいい。

僕はそう思います。

 

ネットビジネスで簡単に初心者がリスク無く稼ぐ2つの方法とは!?

 

 

僕があなたのために、

特別に用意した記事ですが、

それには、

 

あなたが、

 

「まずは副業で稼ぎ、次に、起業して成功する方法」

 

が無料で公開されています。

 

 

本来、有料ノウハウとして、

セミナーで話そうとしてた内容なので、

ノウハウ飽和したいために、

 

記事を突然、「非公開」にしてしまう可能性が高いので、

 

「今しか見れません」

 

なので、是非、この機会に読んでおきましょう。

 

 

追伸:

 

いきなり、

 

「まずは副業で稼ぎ、次に、起業して成功」

 

っていう提案には、

「ビックリした」でしょう。

 

 

あるいは、

 

「そんなのは自分には出来ない。だって難しそうだし・・・」

 

って、思ってしまった?

 

 

確かに、これまで常識と

180度違う常識を

受け入れるには、

「多少時間がかかってしまう」でしょう。

 

僕もそうでしたからね。

 

 

でも、これからの日本は、

これまで以上に

 

「個人の稼ぐスキルが重要」

 

になってきます。

 

 

その時に、

 

「雇用されないと、お金が稼げない・・・」

 

っていうのでは、人生終わります・・・

 

 

でも、だからこそ、今すぐ準備し、

「稼げるあなた」になって、

 

あなたらしい人生に

カスタマイズしていけば、

最高の人生が送れます。

 

一生ジリ貧で終わるのか?

最高の人生を送るのか?

 

その選択は、

あなたの気持ち次第で

どうにでもなります。

 

というか、今ならまだ、間に合います。

 

ここまで話した

僕の提案を素直に受け入れ、

今すぐ準備(行動)しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ブログの記事読んで価値あったなとか、もっと専門的な事、学んでみたいな。

 

あるいは、直接コンタクト取ってみたいな。

 

そんな感じに思ってもらえたら嬉しいです。

 

ブログだと、どうしても大勢に向けて書くので、あなたの悩みを100%解決できてないと思う。

 

それを上手くカバーしてるのがメルマガ。

 

メルマガは、すごく近い距離で情報を提供できるし、しかも、気を使わないでいい。

 

だから、ブログでは絶対に話さないような内容。

 

過激な内容とか毒舌とかある。

 

でも、その方が面白いだろうし、学びにもなるかと思う。

 

ブログ記事読んで、「高橋好きだわ」って思ってもらえたら、メルマガにも遊びに来て。

 

もちろん無料だし、いつでも解除できる。

 

17000人も参加してるし、大きく稼いでる読者も多い。

 

会社員やめて起業家になった人もいる。

 

まぁ、人生は、自分次第でどうでにもなるので、正しい情報を知るか?が大きなポイントになる。

 

まずは、一歩の行動がすごく大事。

 

楽しみながら学べたらいいじゃん。

 

楽しみながら夢叶えたらいいじゃん。

 

俺のメルマガは、そう言うコンセプト。

 

そうそう、すでに多くのメルマガ読者がいるし、このままだと、多くなりすぎてサポートできなくなるので、メルマガの募集を停止しようと思ってる。

 

近々ね。

 

復活するのは、未定。

 

なので、登録したくてもできない。

 

そうなる。

 

俺は基本、きちんと向き合って読者と成長していきたいタイプなので、その辺は理解してもらいたい。

 

ごめんよ。

 

特典付きで無料メルマガに登録できるのは今だけ。

 

予告なしで募集停止します。

 

でも、今なら大丈夫。

 

興味があれば是非



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ