起業の仕方を簡単に片手間かつ準備不要でする2つの方法とは!?







高橋です。

 

今回は、

 

「起業の仕方を簡単に片手間かつ

準備不要でする2つの方法とは!?」

 

っていうテーマで

話をしていきたいと思ってるんですが・・・

 

もしかしたら、

今、この記事を読んでいるあなたは、

 

「起業の仕方を簡単に片手間かつ

準備不要でする方法を探してた」って状態。

 

では、何故そんな事を

しないと、いけなくなってしまったのか?

なんですが・・・

 

 

その理由は簡単で、

 

1)会社が経営不振で将来的にリストラされそう

2)もういい加減、会社の人間関係に振り回される人生にうんざり

 

などの悩みを抱えつつ、また、

 

「もし、会社に雇われないで、

自分で稼いで生きてけるなら、そうしたい」

 

って思った。

 

 

で、これまで、

いろんなネットの無料情報を調べまくり、ようやく、

 

「自分の悩みを解決するようなブログに出会った」

 

っていうような感じ。

 

ですよね?

 

 

で、なんですが、その考え方。

めちゃくちゃいいです。

 

あなたは正しい行動をしました。

さすがですね。

 

かなり先見の目があって、

しかも、成功者と同じ考え方です。

 

 

例えば、上記1)〜2)のような状態に

なってしまった場合、普通の人は、

 

「学校を卒業してから、就職し、

これまで頑張って会社に忠誠を誓ってきた。

 

しかし、ここ数年で、

どんどん会社は経営不振状態になってしまい、

 

それを防ぐ方法として、

人件費削減を行い始めた・・・

 

既に知ってるだけで、

50名はリストラされた。

 

いずれは、自分もそうなってしまう・・・

 

っていうような恐怖心を抱えつつ、

でも心のどこかで、

 

自分は大丈夫なんじゃないか?

 

って思っている節があって、

だから、とくに再就職先は探してない。

 

また、長年、会社で働いていると、

そこでの人間関係に

悩み苦しむような場面が多く、

 

精神的なストレスを抱え

鬱状態になってしまった事もあった。

 

でも、我慢していたら、

きっと環境は変わるって信じて、

これまでやってきた。

 

それに、もし・・・

 

『会社の人間関係が嫌だからもう辞める・・・』

 

っていう内容の相談を家族にしたら、

心配かけるし、それに、大反対される。

 

しかも毎月の支払いがある、

家のローンや子どもの養育費の合計が

 

15万円くらい

かかってしまってるので、

辞めたくても辞めれない・・・

っていうのが現状。

 

また、正社員っていう、

安心で、安全で、安定したポディションを捨てて、

再就職なんかしたら、

 

正社員として雇用される可能性は低いし、

それに、福利厚生も付くとは限らない。

 

しかも、年収は

3割〜5割以上激減してしまう・・・

 

だから、何なんでも、

会社にしがみついていかないとって思ってる。

 

また、たまに、

起業っていうような事を考えたりもするが、

でも、そんなのはリスクが高いし、

 

しかも、もし、失敗してしまったら、

大きな借金を背負って

人生台無しになってしまう・・・

 

それに、そゆうのは、

一部の才能がある人のみが出来る事なので、

凡人の自分はできないって思ってる。」

 

っていうのが基本です。

 

 

要は、古い価値観に縛られて、

新しい価値観を取り入れない

「思考停止状態」になってしまってるので、

 

「常識外れの事をして

大きな失敗はしたくないし、

それに、時間もお金も使いたくないし、

努力もしたくない・・・」

 

って感じなので、

 

「人生のおける最大の危機」

 

っていうのを体験しないと、

思考も行動も変わりません。

 

 

でも人生って、

 

「あ!今の状態ってめちゃヤバいかも・・・?」

 

って気付いた時はもう手遅れです。

 

なので、早めになんでも

対応しておくっていうのが

めちゃくちゃ重要です。

 

 

例えば、あなたが毎年定期健診で

3万円投資を行い、体メンテナンスをしたとする。

 

そしたら、どんな病気であっても

早期発見出来るので、

 

生命の危機にさらされるような

大きな病気には

ならないですみます。

 

要は健康体を維持出来るって事ですね。

 

しかし、毎年定期健診で3万円投資をケチり、

 

「は?

健康診断なんて、基本しないでいいでしょ。

もしくは、会社でする

義務化された健康診断で十分でしょ。」

 

っていうような場合、

健康に対する意識が低いので、

 

大きな病気になっても、

早期発見出来ず、そのまま数年間放置・・・

 

で、

 

「最近体調が良くないなぁ、なんでだろ?」

 

って思って病院に行ったら、

 

「余命1年です・・・」

 

っていうような衝撃的な告知をされてしまう。

 

ビックリして、

 

「え!?そんなの嘘でしょ。先生、何言ってんの?」

 

って苦笑い。

 

でも、医師は、

冗談を言っているような雰囲気ではなく、

 

「これからの人生をどんな風に生きるのか?

それと真剣に向き合ってください。」

 

って一言。

 

もう、何も考えられなくなってしまい、

どうやって家まで帰ってきたのかも記憶にない・・・

 

そして、そんな状況を

受け止めれれないまま半年経過し、

残りの半年で

 

「何故、もっと早く対応しなかったんだ」

 

って自分を責める。

 

でも、現実は残酷で

丁度1年経過した頃に

人生最後の日を迎えてしまう・・・

 

 

というように、

 

「人生に重要なのは、早く気づき、早く対応すること」

 

なので、それを強く意識した

生き方をした方がいいです。

 

 

話が少し、ずれてしまいましたが、でも、

 

「起業の仕方を簡単に片手間かつ

準備不要でする方法と似てる」

 

ので、あえて極端な話をしました。

起業の仕方を簡単に片手間かつ準備不要でする方法

起業っていうと、

 

1)お金がめちゃくちゃかかる

2)在庫を抱えないといけない

3)利益率が低い

4)継続課金が出来ない

5)才能やセンスがないと上手くいかない

 

などのイメージが一般的かと思いますが、

でも、インターネットが

登場したからというもの、

 

リアル店舗で

買い物をしないでいい時代になったので、

そのニーズを満たす事をしたら、

 

基本、どんな商品やサービスを

売ってもいいので、

 

1)既に成功時例がある分野のビジネスをする

2)自分の得意分野を活かしたビジネスをする

 

など、大きく分けて2つしかないので、

「そのどちらを選んでもいい」のです。

 

 

例えば、僕が起業したての頃に

「どんなビジネスをして稼いでいたか?」なんですが・・・

 

1)自宅にある不用品をヤフオクで売る

2)ブックオフで仕入れた本、CD、DVD、ゲームなどをamazonで売る

 

などでした。

 

では、「何故そうしたのか?」なんですが、

その理由は簡単で、

 

「既に成功時例がある分野のビジネスをする」

 

っていうのをする事で、

失敗するリスクを避けた。

 

 

しかも、もう既に、

 

「需要があって売れる物っていうのはある程度決まっている」

 

ので、それをちゃんと市場リサーチし、

 

「売れる不用品を売る」

「売れる商品を仕入れて売る」

 

などをするだけで、

簡単にお金が稼げるので、

 

「ビジネスって何?」

 

っていうような状態である場合は、

 

「まずは簡単かつ再現性が高い方法から」

 

っていうのを心がけてしたら、

 

「遠回りしないで、しかも、余計なお金や労力も使わないでいい」

 

ので、オススメです。

 

 

また、実際にやってみる際、

何が重要になってくるか?

 

「へぇ〜そうなんだ。じゃあ、今度やってみようかなぁ・・・」

 

そう思った。

 

起業の仕方を知って、

「簡単かつ片手間でも出来そう」って分かった。

 

しかも、

準備不要って言っていいくらい、

やる事は少ない。

 

でも、

 

「また今度でいいかぁ・・・」

 

って、ついつい後回しにしちゃう。

 

その結果・・・

 

せっかくの学びが台無しなってしまい、

大きなチャンスを逃し損してしまう。

 

それでは、あまりにも勿体無いですよね?

 

なので、言い訳しないで、即行動しましょう。

「何が需要があるか?」を抽象的な視点で捉える方法

もう既に、

 

「需要があって売れる物っていうのはある程度決まっている」

 

ので、それをちゃんと市場リサーチし、

 

「売れる不用品を売る」

「売れる商品を仕入れて売る」

 

などをするだけで、

簡単にお金が稼げるっていう話は、

前の章でしましたね。

 

 

でも、「何が需要があるか?」を

抽象的な視点で捉える方法までは、

詳しく説明してなかったので、

この章ではそれをします。

 

1)それを買う客は、どんな年齢で、

どれくらいの収入がある、どんな趣味を持った人か?

 

2)それを売る時間や時期は今でいいのか?

それとも、もっと後の方がいいのか?

 

などを考えると、

「物を売る」っていうのが

めちゃくちゃ楽になります。

 

 

例えば、僕がブックオフで仕入れたゲームソフト。

 

それは、子どもから大人までの

13歳〜50歳くらい年齢がみんな

「欲しい」って思って買います。

 

また、ゲームソフトの状態が

「ほぼ新品」である場合は、仕入れた後に、

「強気の価格設定」であっても、大人は買います。

 

なぜならば、買えるお金を

沢山持っているからです。

 

しかし、子どもは基本、

「誕生日かクリスマス」にしか

自分のお小遣いで買えないので、

 

販売者としては、なるべく大人に

買ってもらえるようにした方が儲かる。

 

なので、

相手にしなければならないのは、

ゲーム好きな大人。

 

しかも、

 

「給料の半分はゲーム買ってます」

 

っていうゲーム好きであったなら、さらにいい。

 

 

また、そうゆう人は、基本、

「季節を問わないで買う」ので、

販売者は、安く仕入れる場所を複数確保し、

 

安定的に仕入れる事が可能なら、

それだけで、月商100万円とか余裕です。

 

 

ビジネスをする際、

「需要がある物を売った方が儲かる」

っていう話は、もう既にしました。

 

あともう一つ重要な事があって、

それは、それを買おうとしてる人が、

 

1)購入者が、経済的に豊かである

2)購入者が、「どんなにお金を支払っても買う」っていうマニア

 

って人を相手にした方が、

短期間で大きな金額が稼げます。

まとめ

「起業の仕方を簡単に片手間かつ準備不要でする2つの方法とは!?」

 

ってなってたので、読み進めていく中で、

 

「自分にも出来るかな?」

 

っていうような、不安があった事でしょう。

 

最初はみんな初心者。

 

でも、経験していく過程で、

どんどんコツを掴んでいき、その結果、

大きな金額が稼げるようになるので、

 

今日学んだ事を、今日のうちに実践し、

また、定期的にこのブログで復習しつつ、

 

分からない事があったら、

どんどん、質問して下さい。

遠慮は要りません。

 

また、そうゆう経験を通じて

お互い成長してけたら、いいですね。












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ