起業するのに必要なのは学歴や資格よりも度胸!?(1)







高橋です。

 

僕は、大学院を卒業してから

すぐに起業してしまいましたが、

 

しかし、その時、

 

「3年後にこうありたい!」

 

とかいう、

明確な目標があって、

 

「それを叶えるために」

 

という感じではなく、

 

 

むしろ、

 

「起業ってかっこいいなぁ」

 

というような

「軽いノリ」でした。

 

 

しかし、そうであっても、

「いざ起業」となると、

 

本気でしないといけない仕事は

たくさんあるので、

 

それを

「いかにクリアするか?」については、

何度も失敗を繰り返しながら

 

「上手くいく自分なりの方法を見つけた」

 

という感じです。

 

 

なので、一般的な、

 

「起業するのに必要なのは

学歴や資格だ!」

 

というよりも、むしろ、

 

「起業するのに必要なのは

学歴や資格よりも度胸」

 

だと思ってます。

 

 

「高橋さん、でも、

学歴や資格があった方が

何かと有利じゃないですかね?」

 

 

まぁ、そうですね。

 

学歴や資格があった方が

有利な場合もあるでしょう。

 

しかし、

起業してビジネスをするのに、

学生時代に習った

 

「みんなが知っているような

当たり前の学びのレベルで

通用するか?」

 

を、冷静に

考えてほしいのですが・・・

 

ぶっちゃけ無理ですよね?

 

 

また、お金払って一定期間、

資格取得に必要な学びをして、

 

「資格を取る」

 

という努力をしても、

ビジネスに関係がない

資格だったら、

 

使わないので

意味がないですよね?

 

 

「確かに・・・

じゃあやっぱり、起業して

 

ビジネスをするのに必要なのは

度胸って事?」

 

 

そうですね。

 

度胸さえあれば十分です。

 

また、個人で起業して

ビジネスするならDRMをし、

(ダイレクトレスポンスマーケティング)

 

見込み客を「集客」し、

そして「教育」し、

 

見込み客の悩みを

解決するような商品を

 

「販売」する事で、

稼ぐ事ができるわけですから、

 

それさえ学んで

実践を繰り返す中で、

 

「上手くいく自分なりの方法」

 

を見つける方が、

学歴や資格を

 

持っているいるより、

よっぱどいいです。

 

 

「高橋さん、つまり、

その場面において必要な事を

学んで実践したらいいって事?」

 

 

そうですね。

 

例えば、起業して、

ビジネスで稼ぎたいって

思っているのに・・・

 

 

続きを読む












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ