言葉が人生を変える7つの理由を主観的に解説しよう!(1)







高橋です。

 

僕らって、

普段何気なく使っている言葉に

意識を向けることは99%ありません。

 

 

「高橋さん、そりゃそうですよ!

 

だって、普段仕事しているし、

しかも毎日、朝8時には出勤して、

 

最低でも夜9時までは

会社で資料作りやら、

 

打ち合わせやらをしているし、

それに、忙しい。

 

また、日によっては

夜11時の時だってあるんだから!

 

ん!?

 

もしかして、

普段何気なく使っている言葉に

 

意識を向けることは

99%ありませんていう話が、

 

言葉が人生を変える

7つの理由を

 

主観的に解説しよう!と、

関係しているって事?」

 

 

そうです。正解です。

 

 

そもそも、僕らって、

自分が生活してきた環境に

 

いた人達の影響を受けて、

人間として成長します。

 

 

「高橋さん、それって、良くも悪くもだよね・・・?」

 

 

そうですね。

 

例えば、父親が内科医で、

母親が専業主婦をしている家庭に育ち、

 

家の中には

たくさんの本が1000冊以上あって、

 

まるで

図書館のようなリビングで、

子どもの時から、

 

そこにある本を

読む機会が多かった場合、

 

父親と同じような

内科医になる可能性が

非常に高くなります。

 

 

「は?高橋さん、どうしてよ・・・?

 

父親が内科医で、

母親が専業主婦をしている

家庭に育ち、

 

家の中にはたくさんの本が

1000冊以上あって、

 

まるで

図書館のようなリビングで、

子どもの時から、

 

そこにある本を

読む機会が多かった場合、

 

父親と同じような

内科医になる可能性が

 

非常に高くなりますって

意味不明だけど・・・

 

具体的には、どうゆう事?」

 

 

いい質問ですね。

 

 

ポイントは、

父親が内科医ってところと、

 

家の中にはたくさんの本が

1000冊以上あって、

 

まるで

図書館のような

リビングっていうところです。

 

というのも、

父親が内科医をしている時点で、

父親は勉強が好きで、

 

また、家の中には

たくさんの本が

1000冊以上あってって事は、

 

専門分野以外の本も

たくさんある可能性が高く、

 

しかも、

 

「いつでも手にとって読める」

 

といういうな環境は、

子どもと本の距離を縮めます。

 

 

すると・・・

 

 

続きを読む












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ