理容師の友人がドヤ顔で腹立った!?接客とは人間関係なの?







suncplus01_liberofujii

こんばんは。高橋です。

お世話になってます(あんがとね)。

今日も自由な人生目指して
頑張っていきましょう。

と、僕は前回、
「人間関係に悩まない人生が自由な人生だ!」と、
あなたに、話したかと思いますが、

「覚えていますか?」

「高橋さん、そんなに早く忘れませんよ、
ニワトリじゃないんだから!」

もしかして、あなた、
こんな風に思いました?

それは、失礼しました。

で、早速、今日の話をしていきたいと
思っているんですが、

実は最近、友人の理容室で髪を切ったんですよ
(キムタクみたいになりました 笑)。

んで、友人との会話の中で、
「接客業をしている時に気をつけている事」
についての話になったんですね。

「ところでさ、俺らってお客さん商売だけど、
お前はどんな事気にしているの?」

と、僕が質問すると、

友人が

「てか、コミュニケーションとか、
人間関係じゃね?」

って「ドヤ顔」で、

しかも「当たり前でしょ」的な感じをだしてきたので、
「ぶん殴ってやろうかなぁ」と思ったんですが、
でも、「そうだよなぁ」って。

あなたも
社会経験があると思うので
共感してもらえたかと思うんですが、

でも、「具体的に人間関係を攻略するのって難しくね?」って。

というのも、
ぶっちゃけ人間関係って
「向き合うか逃げる」しかないと思うんですよ。

でも、逃げるってなんか、「かっこわるいかなぁ」って。

だったら、
「とことん向き合って攻略しちゃえばいいじゃないか!」と、
こういった主張をこれまでしてきたわけなんです。

だって、どんな分野でも
「人間が人間に対して物を売る」わけだから、
そこで、「人間関係良好」だったら

「物が売れない理由がなくなるよね?」って、そー思いませんか?
と、もうこんな時間です。

最近、僕がよく食べている
夜食カレーが煮立ってきたので、

これから、
濃厚プレミアムチーズをふんだんにかけて、
「とろけるチーズカレー」を腹一杯食いたいと思っているんです。

「高橋さん、こんな時間に??」

・・・
・・・
・・・

「いいのです、人生とは自由に生きてなんぼ、なんだから!」笑

それでは、また。

追伸1:

遠慮なんかすることはありません。

どんどん、コメントください。

てか、せっかく仲間になったのに
その仲間を、頼らないなんて
さみしいじゃないですか?

でしょ?

そー思うでしょ?

「どうゆうこと?」

「どんな企画?」

「学べる内容は?」

など、どんな質問でもかまいません。
(意味不明な質問には返事しません)

もちろん、一言でも、いいですよ。

「いいね!」

「楽しみ!」

「気になる!」

などでも、もちろん、かまいません。

どんどん、交流しましょう!












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ