副業でGmail文章を極めるべき3つの理由とは!?(1)







高橋です。

 

副業をしようと考えた時、

まず、身近にいる知っている人に

 

商品やサービスを

 

「どう売ったらいいか?」

 

を、考えた方がいです。

 

 

「高橋さん、身近にいる知っている人に

商品やサービスを売った方が、

売れやすいから、そうするって事?」

 

 

そうです。正解です。

 

また、その際にGmail文章で

アプローチをした方がいいのですが、

 

しかし、そもそも、

 

「どんなGmail文章を書いたらいいのか?」

 

が、分からない・・・

 

 

「そうそう、いくら

身近にいる知っている人であっても、

 

どんなGmail文章を

書いたらいいのか?って、

 

実際に書いてみようとした時、

分からないよなぁ・・・」

 

 

そうなんですよね。

 

また、

 

「身近にいる知っている人だからこそ、

どんなGmail文章を書いたらいいのか?」

 

と、悩んでしまうと思うんです。

 

嫌われないようにとか、

失礼がないようにとかね。

 

 

「確かに、そうだなぁ。

 

身近にいる

知っている人だからこそ、

 

嫌われないようにとか、

失礼がないようにとかって悩むなぁ。

 

だって今後も長く

付き合っていくし・・・」

 

 

そうなんです。

 

ですが、副業でまずは

実績を5万とか10万とか出して、

 

それからさらに

大きな金額を稼ごうと思ったら、

 

むしろ、身近にいる

知っている人って実は、

 

「ほぼ絶対に買ってくれるお客」

 

です。

 

 

「高橋さん、つまり、

副業でまずは実績を

 

5万とか10万とか

出す際に、

 

身近にいる

知っている人に対し、

 

どんな商品やサービスを

売ったらいいか?を考え、

 

また、その際に、

嫌われないようにとか、

失礼がないよう、

 

Gmail文章で

アプローチするって事?」

 

 

そうです。

 

しかし、いきなり副業で

まずは実績を5万とか

10万とか出す際、

 

身近にいる

知っている人に対して、

 

どんな商品やサービスを

売ったらいいか?を考え、

 

また、その際に、

嫌われないようにとか、

 

失礼がないように、

Gmail文章でアプローチするって、

 

「具体的には、一体、

どんな商品やサービスを

売ったらいいか?」

 

が、分からないと思います。

 

ですよね?

 

 

続きを読む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ブログの記事読んで価値あったなとか、もっと専門的な事、学んでみたいな。

 

あるいは、直接コンタクト取ってみたいな。

 

そんな感じに思ってもらえたら嬉しいです。

 

ブログだと、どうしても大勢に向けて書くので、あなたの悩みを100%解決できてないと思う。

 

それを上手くカバーしてるのがメルマガ。

 

メルマガは、すごく近い距離で情報を提供できるし、しかも、気を使わないでいい。

 

だから、ブログでは絶対に話さないような内容。

 

過激な内容とか毒舌とかある。

 

でも、その方が面白いだろうし、学びにもなるかと思う。

 

ブログ記事読んで、「高橋好きだわ」って思ってもらえたら、メルマガにも遊びに来て。

 

もちろん無料だし、いつでも解除できる。

 

17000人も参加してるし、大きく稼いでる読者も多い。

 

会社員やめて起業家になった人もいる。

 

まぁ、人生は、自分次第でどうでにもなるので、正しい情報を知るか?が大きなポイントになる。

 

まずは、一歩の行動がすごく大事。

 

楽しみながら学べたらいいじゃん。

 

楽しみながら夢叶えたらいいじゃん。

 

俺のメルマガは、そう言うコンセプト。

 

そうそう、すでに多くのメルマガ読者がいるし、このままだと、多くなりすぎてサポートできなくなるので、メルマガの募集を停止しようと思ってる。

 

近々ね。

 

復活するのは、未定。

 

なので、登録したくてもできない。

 

そうなる。

 

俺は基本、きちんと向き合って読者と成長していきたいタイプなので、その辺は理解してもらいたい。

 

ごめんよ。

 

特典付きで無料メルマガに登録できるのは今だけ。

 

予告なしで募集停止します。

 

でも、今なら大丈夫。

 

興味があれば是非



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ