副業で自由な人生を実現するのに愛は不必要!?(2)







「親の言う事なんか信じなくていい!

 

だって、

人生初の恋人ができて、

 

そして、その恋人と

1秒でも一緒にいたいと思い、

 

学校に行く際の

登下校や休み時間、

 

それに、家に帰ってから

3時間電話し、

 

土曜と日曜は

遊園地や映画館などで

 

デートするのが

楽しいんだから!

 

また、その恋人と将来は・・・」

 

 

そして数週間後、

恋人に急に呼び出され、

近所の喫茶店で待っていると、

 

真剣な表情をした恋人が

こんなことを言ってくる。

 

 

「あのさ、これまで付き合ってきて、

とっても楽しかったんだけど、

 

でも、他に

好きな人ができちゃったから、

別れよう・・・」

 

 

あまりに衝撃的な言葉の中に

明確な決意を感じてしまい、

 

どんな言葉を

選んだらいいか分からず、

 

ただただ

うつむいているだけに

なってしまう。

 

 

すると、「お待たせしました!」と、

さっき注文しておいたカフェラテが2つ

 

テーブル上に置かれた瞬間、

恋人はこんな事を言って

帰ってしまった。

 

 

「いろいろ、楽しかった。ありがとう!

でも、さようなら・・・」

 

 

力なく、ただただ

うつむいているだけで何もできず、

 

「嫌だ、絶対に別れたくない!」

 

という気持ちを

伝えられないまま、

 

さっき注文しておいた

カフェラテが2つ

 

テーブル上で

甘い香りをさせている。

 

そう、それは、

初めて恋人と飲んだ思い出の香り。

 

しかし、今は、その香りが

別れの香りになってしまったのを実感し、

 

泣きたい気持ちをグッと抑え、

お店を後にする。

 

そして、心の中で、

 

「楽しかった思い出よ、さようなら・・・」

 

と言い、家まで歩いて帰る。

 

すると、突然、空から雨が降ってきた。

 

そう、それはまるで、

泣きたい気持ちをグッと抑えている、

 

自分の今を

象徴しているかのような

雨だった・・・

 

 

「高橋さん、つまり、どうゆう事?」

 

 

主人公は、人生初の恋人ができて、

そして、その恋人と

1秒でも一緒にいたいと思い、

 

学校に行く際の

登下校や休み時間、

 

それに、家に帰ってから

3時間電話し、

 

土曜と日曜は

遊園地や映画館などで

 

デートするのが

楽しいという状態で、

 

また、それがこれからも

ずっと続くと思っていました。

 

 

続きを読む












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ