副業で稼ぐために資格を取る意味がない5つの理由(1)







高橋です。

 

僕らって、義務教育を受けた際に、

 

「学歴があった方がいい!」

 

「資格はたくさん取ろう!」

 

などの事を教わってきたかと思います。

 

 

「高橋さん、そりゃそうですよ。

 

学歴と資格は

不景気な日本の企業に就職するに

絶対に必要だし、

 

それに、そうしなかったら、

就職できないので、将来困る。

 

だから、むしろ

当たり前だよね!って感じですよ。

 

それが何か?」

 

 

確かに、学歴と資格は

不景気な日本の企業に

就職するに絶対に必要だし、

 

それに、そうしなかったら、

就職できないので、将来困りますよね。

 

でも、それって、

就職を前提とした考え方ですよね?

 

 

「そうだけど・・・

だってそれ以外に

方法なんかないでしょ?」

 

 

それ以外に方法がないか・・・

 

まぁ、義務教育を受けた際に、

 

「学歴があった方がいい!」

 

「資格はたくさん取ろう!」

 

などの事を素直に聞いて、

 

「そっかぁ、そうした方がいいのか?」

 

というままで、

これまでの人生を

生きてきたんだったら、

 

学歴や資格に

「こだわってしまう」のも

無理ないでしょうね。

 

 

「高橋さん、何か他に

方法があるような

雰囲気を出しているけど・・・」

 

そうですね。正解です。

 

 

例えば、僕は、

大学を卒業してから、

 

もっと勉強したいと思い、

大学院に入学し、卒業しました。

 

ちなみに、

その当時の僕は

 

「学歴があった方がいい!」

 

「資格はたくさん取ろう!」

 

などであり、

 

そうする事によって、

 

「不景気な日本の企業に

就職する際に有利である!」

 

という考えを

もっていたからです。

 

ですが、

そのような考え方では、

 

無事に企業に

就職できたとしても、

 

いつも、

上司の顔色を伺いつつ、

 

朝8時から夜11時まで、

奴隷のような扱いで働かされ、

 

しかも、

 

「そんなの間違っています!

もっと、労働環境を整え

社員を大事にしてください!!!」

 

というような事を言ったら、

即クビになってしまうか、

 

もしくは、関連する企業に

左遷されてしまうという実態を

 

大学時代の友人Fから

聞いて知り、だから・・・

 

 

続きを読む












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ