副業するなら動画説明があるアルバイトがいい!?(2)


また、当時の日本は、

敗戦後で「何もない状態」だったので、

 

まずは、「物流を活性化」させ、

それを実現させるために

 

「ホンダのバイクが庶民の足」

 

となり、しかもそれは、

庶民の足だけには

とどまらず、

 

さらに「物流を活性化」させるため、

庶民がバイクから車に進化し、

 

また、それが

日本の復興に

 

つながるような願いから、

 

「ホンダ車が誕生」

 

し、それに刺激を受けた

トヨタやニッサンなども

車産業に参入し、

 

3社が車の品質を

高めあう競争を激化すると、

 

「日本車=品質が良く壊れにくい」

 

という評判が

海外まで広がり、

 

それをきっかけとして

海外貿易の要として

 

「日本車の輸出」

 

が、盛んに

行われるようになると、

 

日本はどんどん経済的に

豊かになっていきました。

 

しかし、海外貿易の要として

 

「日本車の輸出」

 

が、盛んにしていた相手が

アメリカで、

 

しかも、アメリカ人が

 

「日本車=品質が良く壊れにくい」

 

という評判に影響され、

 

「アメリカ人が日本車に乗る」

 

というのが

常識化してくると、

 

それを

 

「おもしろくないなぁ」

 

と思ったアメリカのGMは、

 

 

「このままでは、アメリカの車が

全く売れなくなってしまい、

 

しかも、日本車に

アメリカの自動車市場を

奪わてしまう。

 

なんとかせねば!」

 

 

という事で、

一時的に日本車の輸入禁止を

アメリカ政府に要請。

 

そして、それが受諾されると、

日本は、せっかく、

 

「日本車=品質が良く壊れにくい」

 

という評判で、

アメリカに売る事ができていた

 

日本車が売れなくなって

しまいました。

 

しかし、

そこでめげるような

「日本人魂」ではなく、

 

車を作る技術の他に、

同時進行して、

 

家庭用家電製品の開発で

日本人の生活を豊かにしつつ、

 

しかも、年々、

その品質を改良していき、

 

日本のみならず海外に輸出し、

 

しかも、

 

「爆発的にヒット」

 

させる事に成功しました。

 

 

また、

家庭用家電製品ではないですが、

代表的で、かつ、有名なのが、

 

「ソニーのウォークマン」

 

です。

 

 

まぁ、今の時代は

 

「スマホで音楽を聞く」

 

というのが常識ですが、

しかし、当時としては、

 

小型のテープレコーダーを

持ち歩き、しかも、

どこでも自由に

 

好きな音楽を

聴くっていうのは

 

かなり画期的で

オシャレだったのです。

 

 

続きを読む

【特典付き】なぜ普通の会社員がたった1年で人生大逆転できたのか?


「人生変えたいです」


悩んでる会社員のメルマガ読者さんいたので無料コンサルした。


1年したら社長になってた。


1000万も稼いだらしい。


メルマガの中でノウハウ教えまくったからな。


彼は自由になった。


本当良かったよ。


俺のメルマガはそんなメルマガです。


メルマガに遊びに来てね!


http://takahashi-yuya.com/51dy



【お知らせ】



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ