働かなければ働かないほど儲かる4つの理由とは!?(4)


誰だって、

美味しい料理を食べながら、

クラシックの音楽を楽しみつつ、

 

「最高で贅沢な時間」

 

を、心ゆくまで楽しみ味わい、

しかも、それに飽きたら、

 

仲間とテニスをしたり、

一人でプールに入って

 

体を動かしたりして

リフレッシュし、

 

それらも飽きてしまったら、

部屋に帰って、シャワーを浴び、

 

クィーンサイズの高級ベッドで、

すやすや眠る。

 

もちろん、

好きなだけ寝てていいし、

 

誰も

すやすや眠っている状態を

邪魔しない。

 

そして夢の中でこう思う。

 

「よかったぁ、超豪華で

1000人以上乗れる

大きな船を選択しておいて・・・」

 

というようなくらい

素晴らしい環境。

 

しかも、そこには

命の危険性なんかないし、

 

むしろ、安心で、安全な方を

選択したいって思うのは当然です。

 

 

また、

たった一人しか乗れない

木製のボロ船は、

 

自分の力のみで、

しかも、漕がないと

どんどん波に流され、

 

目的地に

到着できなくなってしまうため、

一瞬たりとも油断はできない。

 

しかも、

あらかじめ用意しておいた食料は

数量が決まっており、

 

もしそれが

なくなってしまったら、

命の危険性すらある。

 

しかも、海の中には、

サメがたくさんいて

いつもこちらを狙っている。

 

 

また、たった一人なので、

いつも孤独と戦いつつ、

自分で自分を励まし、

 

常に、

「目的と手段」を確認しつつ、

 

「向かうべき方向」

 

を、見失わないように

しているっていうような

 

不安で危険を伴う方の選択は

したくありませんよね?

 

 

では、超豪華で

1000人以上乗れる

大きな船にいる状態が会社員で、

 

たった一人しか乗れない

木製のボロ船に乗っている状態が

起業家だとして、

 

今の時代背景を踏まえて考えた時、

どちらがいいと思いますか?

 

 

「そうだなぁ、超豪華で

1000人以上乗れる

大きな船にいる状態が会社員で、

 

たった一人しか乗れない

木製のボロ船に乗っている状態が

起業家なんだよねぇ・・・

 

前者は、

美味しい料理を食べながら、

クラシックの音楽を楽しみつつ、

 

最高で贅沢な時間を

心ゆくまで楽しみ味わい、

 

しかも、それに飽きたら、

仲間とテニスをしたり、

 

一人でプールに入って

体を動かしたりして

リフレッシュし、

 

それらも飽きてしまったら、

部屋に帰って、シャワーを浴び、

 

クィーンサイズの高級ベッドで、

すやすや眠る。

 

もちろん、

好きなだけ寝てていいし、

 

誰も

すやすや眠っている状態を

邪魔しない。

 

そして夢の中でこう思う。

 

よかったぁ、超豪華で

1000人以上乗れる

大きな船を選択しておいて・・・

 

というようなくらい

素晴らしい環境。

 

しかも、そこには

命の危険性なんかないから、

前者かなぁ・・・

 

ん!?

 

でも、今の時代背景を

踏まえて考えると、

後者の方がいい。

 

そうだ、後者だ!

 

でしょ、高橋さん?」

 

 

続きを読む

あなたの人生を3ヶ月で変える無料メルマガ。豪華プレゼント付き。


17000人参加。登録無料。【期間限定】7つの「超豪華」特典付き。

東京都Aさん36歳 「無料メルマガ学んで1000万達成!」

埼玉県Bさん30歳 「無料メルマガ学んで500万達成!」

長野県Cさん40歳 「無料メルマガ学んで100万達成!」



【豪華プレゼントの内容】

・わずが5分で会社にバレないで副業を成功させるノウハウを手に入れる方法

・起業のリスクが怖いを30秒で解決する方法

・毎日3分読むだけで年間1億稼ぐ成功者の思考をインストールする方法

・不用品をヤフオクで10万に変える方法

・国内転売で3ヶ月で600万稼ぐ方法

・ブログでファンを3万人に増やした方法

・ツイッターで400万人につぶやきを読まれる方法

・Facebookで「いいね」を100以上獲得する方法

・メルマガ読者に100万のコンサルをバンバン売る方法

・1万人が欲しがるようなプレゼントを3日以内に簡単に作る方法



あなたの人生を3ヶ月で変える無料メルマガとは!?
豪華プレゼントの中身とは一体何なのか!?

それは・・・


「あなたの人生を3ヶ月で変える無料メルマガ。豪華プレゼント付き。」の続きを読む



サブコンテンツ

このページの先頭へ