価値提供できる情報発信者が強い4つの理由とは!?(5)







例えば、

学生時代、同じクラスになった異性に対し、

 

「好きになってしまった・・・」

 

という経験があったかと思います。

 

 

もちろん、最初は

友達として仲良くなって、

 

休み時間、

楽しくおしゃべりしたり、

 

放課後は数人のグループで帰って、

たわいもない会話をして、

 

ふざけあって、

じゃれあって、

 

 

で・・・ある時、気がつく。

 

「いつも、あいつの事、

考えてる・・・好きかも・・・」

 

 

しかし、友達として

仲良しなだけなので、

 

急に「好きだよ!」とかは、

絶対に言えないし、

 

もし、言って

 

「ごめんなさい・・・とか、

言われてしまったら

どうしよう・・・」

 

という気持ちがある。

 

 

だから、

「本当の気持ち」を隠しつつ、

友達として仲良しを継続する。

 

すると、

普段とは違った印象を受けた友人が、

こんな風に声をかけてくる。

 

「どうした?

何かいつもと様子が違うけど・・・

 

ん!?もしかして、

好きな人、できたんか?」

 

 

そして、友人に対し、

「本当の気持ち」を打ち明ける。

 

 

すると、

 

「くよくよしていないで、

告白しちゃいなよ!」

 

というようなアドバイスをされ、

 

「どうしようかなぁ・・・」

 

と3日間悩む。

 

 

しかし、

 

「このままくよくよしていても、

しょうがないじゃないか!」

 

というような気持ちになって、

告白を決意。

 

 

しかし、

 

「具体的にどうしようかなぁ・・・」

 

と悩んでいると、

友人がこんなアドバイスをしてくれた。

 

 

「いつも、放課後は

数人のグループで帰ってるんだから、

そん時でいいじゃん!」

 

 

それに対し、

 

「そっかぁ、その手があったかぁ・・・」

 

と、感心する。

 

 

しかし、

感心するのみでは

 

実際に結果につながらないので、

前日から戦略を練る。

 

「ああして、こおして、このタイミングで、よし!」

 

みたいに。

 

 

そして・・・

 

 

いざ本番で、

 

「あ、あの・・・実は・・・

あの、その・・・

ずっと前から、好きでした!」

 

と、超緊張しながら告白。

 

 

しかし、相手は、

うつむいたまま、

困った表情をしている。

 

眉間にしわをよせ、

悲しんでいるような、

 

怒っているような・・・

そのような印象を受ける。

 

 

そしてその時、

心の中で、こんな風に思う。

 

「今日は、よく頑張った。

だから、どんな結果になろうと

いいじゃないか!」

 

 

すると・・・

 

 

続きを読む












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ