価値提供できる情報発信者が強い4つの理由とは!?(4)







価値提供できる

情報発信者が強い理由として、

 

「ターゲットの私生活を

リアルに想像し、

 

どんなコンテンツだったら、

喜んで見てくれるのか?って事を

考えている」

 

というのは、

かなり的を得ており、

 

しかも、

そのような思考でいたら、

親や教師、学生時代の仲間、

 

それに会社上司や部下など、

どんな人達に対しても

 

価値のあるコンテンツを

提供する事が可能になります。

 

 

「高橋さん、だから、

相手にとって有益とは、

一緒にいると学びが多い、

 

一緒にいると面白くて

時間を忘れちゃうほど、

 

あるいは、

ただ存在してくれているだけでいい、

 

また、

実際に会った事はないけど、

 

でも、ブログ、twitter、facebook、

YouTube、Instagram、LINEなどで

されている

 

特定の誰かの情報発信を見て、

楽しんでいるとか、

心癒されているとか、

 

いろんな種類の

相手にとって有益があって、

 

それは人それぞれ

違うって事だよね?」

 

 

そうですね。

 

常に、

 

「自分が相手にしたい

ターゲットが

 

どんな私生活を

おくっているのか?」

 

というのが

分かっていた方がいいですね。

 

 

「でも、高橋さん、

自分が相手にしたい

ターゲットが

 

どんな私生活を

おくっているのか?って、

 

想像するのみでは、

価値提供できる

 

情報発信者には

なれないような・・・

 

で、その方法って具体的には?」

 

 

そうですね。

 

「自分が相手にしたい

ターゲットが

 

どんな私生活を

おくっているのか?」

 

を知るなら、

実際に会って話を聞いて、

同じ生活をするといいですね。

 

 

「え!?高橋さん、

そんなの無理っしょ・・・?

 

だって、した事がないし・・・

 

それにどんな事が

待ち受けているか分からない。

 

もしかしたら、危険かも・・・

 

また、

そのような体験をする場合、

 

プライドを捨てて

挑戦しないといけないでしょ?

 

でも、そんな事は、

これまでの人生にはなかった。

 

だから、あえてするって、

腰が重いなぁ・・・

 

というか、

どうしても上手くいく

イメージがわかない。

 

やっぱ無理なんじゃ・・・」

 

 

いや、無理じゃないんです。

 

というのも・・・

 

 

続きを読む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ブログの記事読んで価値あったなとか、もっと専門的な事、学んでみたいな。

 

あるいは、直接コンタクト取ってみたいな。

 

そんな感じに思ってもらえたら嬉しいです。

 

ブログだと、どうしても大勢に向けて書くので、あなたの悩みを100%解決できてないと思う。

 

それを上手くカバーしてるのがメルマガ。

 

メルマガは、すごく近い距離で情報を提供できるし、しかも、気を使わないでいい。

 

だから、ブログでは絶対に話さないような内容。

 

過激な内容とか毒舌とかある。

 

でも、その方が面白いだろうし、学びにもなるかと思う。

 

ブログ記事読んで、「高橋好きだわ」って思ってもらえたら、メルマガにも遊びに来て。

 

もちろん無料だし、いつでも解除できる。

 

17000人も参加してるし、大きく稼いでる読者も多い。

 

会社員やめて起業家になった人もいる。

 

まぁ、人生は、自分次第でどうでにもなるので、正しい情報を知るか?が大きなポイントになる。

 

まずは、一歩の行動がすごく大事。

 

楽しみながら学べたらいいじゃん。

 

楽しみながら夢叶えたらいいじゃん。

 

俺のメルマガは、そう言うコンセプト。

 

そうそう、すでに多くのメルマガ読者がいるし、このままだと、多くなりすぎてサポートできなくなるので、メルマガの募集を停止しようと思ってる。

 

近々ね。

 

復活するのは、未定。

 

なので、登録したくてもできない。

 

そうなる。

 

俺は基本、きちんと向き合って読者と成長していきたいタイプなので、その辺は理解してもらいたい。

 

ごめんよ。

 

特典付きで無料メルマガに登録できるのは今だけ。

 

予告なしで募集停止します。

 

でも、今なら大丈夫。

 

興味があれば是非



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ