価値提供できる情報発信者が強い4つの理由とは!?(2)







そうですね。

 

ネットと関わりがない時は、

基本、親や教師、学生時代の仲間、

 

それに会社上司や部下から、

いろんな影響を受けていたでしょうが、

 

しかし、スマホが

ここ数年間で一気に普及すると、

 

それまで、

ネットを活用していなかった人が、

 

「へぇ〜ネットって便利だなぁ・・・

いろいろ調べられるし、

 

しかも、動画も音声も

無料で有料級のものが

たくさんある。

 

よし、今度からテレビより、

ネットを積極的に活用しよう!」

 

というようになりました。

 

 

「そうなんだよねぇ・・・

 

実家の父親なんか、

これまで、ネットなんか使うと、

詐欺まがいの事をされる恐れがあり、

 

とんでもない目にあるから、

絶対にしない!って言ったけど・・・

 

でも、いざ、自分が

スマホを手に入れてみると、

 

ヤフオクやamazonで

買い物できる他に、

 

YouTubeで

面白い動画を見放題だから、

 

今では常に持ち歩く、

必需品のそうな

存在になっているよスマホが・・・」

 

 

そうなんですよね。

 

 

「実家の父親なんか、

これまで、ネットなんか使うと、

 

詐欺まがいの事をされる

恐れがあり、

 

とんでもない目にあるから、

絶対にしない!って言ったけど・・・

 

でも、いざ、自分が

スマホを手に入れてみると、

 

ヤフオクやamazonで

買い物できる他に、

 

YouTubeで面白い動画を

見放題だから、

 

今では常に持ち歩く、

必需品のそうな存在」

 

というような状態に

なっている高齢者は多く、

 

 

また、これからの日本は

高齢化社会になっていきますから、

それを考えると、

 

今後は、もっと

スマホが普及する可能性が高い。

 

 

また、そうなった場合、

高齢者が好むような

コンテンツが求められるから、

 

情報発信者は、

そこを見逃してはいけないのです。

 

 

「高橋さん、

そこを見逃してはいけないのですって

具体的には、どうゆう事?」

 

 

そうですね。

 

例えば、高齢者にとって

「有益な情報って何か?」を考えた時、

それがどんな情報か、が分かりますか?

 

 

「高橋さん、要は、最新のものか?

それとも、昔のものか?って事でしょ・・・?

 

そりゃ、最新のものでしょ。

 

だって、昔のものって

もう、知っている情報だから、

価値がないでしょ?」

 

 

そうですかね・・・?

 

 

続きを読む












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ