今さらヤフオクって???その理由はなぜ?







yahoo-s

こんばんは、高橋です。

今日も自由な人生を目指して頑張っていきましょう!
と、ここ最近、僕は
発信しているメルマガの中で

初心者は「絶対物販をしたほうがいい」と、
あなたに伝えてきました。

では、どうして物販が一番いいのか?

それをまず説明しておきます。

大学院時代、僕は、自分の論文作成をしつつ、
ヤフオクで子供の頃に欲しかったものを買い集めていました。

例えば、

1)ドラゴンボールのカード(キラキラしたやつ)

2)ビックリマンのカード(レアもの)

3)聖闘士星矢の聖闘士クロス

4)ファミコンソフト

5)ガンプラ(ガンダムのプラモデル)

などなど。

で、欲しいものを自分が満足するまで買っていく中で、
こんな風に思ったんです。

「あれ、もしかしたら、俺でも売ったら売れんじゃね?」

そして・・・

すぐに家の中で
売れそうなものを見つけ、

ヤフオク出品者マニュアルをネットで調べつつ
他の出品者の様子を見よう見真似でなんとか出品。

すると・・・
はじめて出品したもの(ギター)が3万円で売れました。

もう、ほんと、びっくりでしたね。

「家の中の不用品でも、高く買ってくれる人がいる!」
それからというもの、
家の中で「売れそうなもの」は、なんでもかんでも
「売って、売って、売りまくったんんです!!!」

例えば、

1)古くなって着なくなった洋服

2)使ってないパソコン

3)見なくなった漫画本

4)アナログテレビ

5)履かなくなったスニーカー

などなど。

で、
出品するたびに売れていってとうとう、
売るものがなくなってしまったため、

近所のフリーマーケットに行って、
安く仕入れて転売していました。

僕のビジネスの原点はヤフオクで、
ヤフオクを通じて
物販ビジネスが好きになった僕は、
大学院を卒業するまでに
100万稼げるまでに成長していました。

でも、
そういったノウハウを誰にも教えていなく、
最近になって大学院時代の友人の教えたら、

とっても、喜んでもらえて、しかも、感謝されたんですね。
で、
その友人の就業形態や
給料についての現状を聞いたら、

サラリーマンが、
いかに過酷な現実の中で苦しんでいるのかを
リアルに感じることができたんです。
そうか!!!

もしかしたら、不用品でも売って収入を得られたら
嬉しいって人がもっといるんじゃないか?

よし、だったら、僕の読者さんの中でも
同様な状態で「不用品を売る方法を知りたい!」って人がいる。

困っている人を助けられる。
そう思ったからこそ、ここ最近になって
ヤフオクについてのメールを配信するようになったのです。
不用品を売る方法を教えて、その人に喜んでもらいたい。

それが、僕の正直な気持ちなんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ブログの記事読んで価値あったなとか、もっと専門的な事、学んでみたいな。

 

あるいは、直接コンタクト取ってみたいな。

 

そんな感じに思ってもらえたら嬉しいです。

 

ブログだと、どうしても大勢に向けて書くので、あなたの悩みを100%解決できてないと思う。

 

それを上手くカバーしてるのがメルマガ。

 

メルマガは、すごく近い距離で情報を提供できるし、しかも、気を使わないでいい。

 

だから、ブログでは絶対に話さないような内容。

 

過激な内容とか毒舌とかある。

 

でも、その方が面白いだろうし、学びにもなるかと思う。

 

ブログ記事読んで、「高橋好きだわ」って思ってもらえたら、メルマガにも遊びに来て。

 

もちろん無料だし、いつでも解除できる。

 

17000人も参加してるし、大きく稼いでる読者も多い。

 

会社員やめて起業家になった人もいる。

 

まぁ、人生は、自分次第でどうでにもなるので、正しい情報を知るか?が大きなポイントになる。

 

まずは、一歩の行動がすごく大事。

 

楽しみながら学べたらいいじゃん。

 

楽しみながら夢叶えたらいいじゃん。

 

俺のメルマガは、そう言うコンセプト。

 

そうそう、すでに多くのメルマガ読者がいるし、このままだと、多くなりすぎてサポートできなくなるので、メルマガの募集を停止しようと思ってる。

 

近々ね。

 

復活するのは、未定。

 

なので、登録したくてもできない。

 

そうなる。

 

俺は基本、きちんと向き合って読者と成長していきたいタイプなので、その辺は理解してもらいたい。

 

ごめんよ。

 

特典付きで無料メルマガに登録できるのは今だけ。

 

予告なしで募集停止します。

 

でも、今なら大丈夫。

 

興味があれば是非



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ