ヤフオクやamazonで物を売る際にする7つの裏技(3)







とはいっても、

そこにあるのは、

一家の大黒柱にとってのお宝であって、

 

 

実際にある物といったら、

趣味のカメラコレクションや

 

いつも着ている

アメリカンビンテージの洋服。

 

それに、

ミリタリー系のフィギュア、

SWのフィギュアや

 

中学生〜大学生までの期間に

買ってよく聞いていた

CDが1000枚以上。

 

そして、

たまに行く海釣用の釣り道具一式と、

 

大きな白いワンボックスカーを

メンテナンスするために必要な道具一式。

 

それに、夏用と冬用の

新品タイヤのストックが8本。

 

 

「そんなに入るガレージなんかあるのか?」

 

 

と、男だったら

誰でもそう思うような

 

羨ましい環境が叶った大きな要因は、

埼玉県の某所に購入したからで、

 

そこの土地価格が

かなり格安だったからだ。

 

 

通常、家を建てる時の土地代は

1500万で、

 

建築費用が1500万くらい

かかってしまうところ、

 

土地代が700万だったので、

残りの2300万を建築費用にかけられた。

 

だから、大きな白い

ワンボックスカーを入れるための

ガレージが作る事ができ、

 

たくさんある趣味の道具も

一緒にしまっておける。

 

 

しかも、ガレージの中は、

畳の部屋でいうと

24畳くらいの広さがあり、

 

その中の中央奥に

大きな白いワンボックスカーを入れ、

 

その両サイドには

木製の棚がたくさんあって、

 

そこに趣味の

カメラコレクションや

 

いつも着ている

アメリカンビンテージの洋服。

 

それに、ミリタリー系のフィギュア、

SWのフィギュアや

 

中学生〜大学生までの期間に買って

よく聞いていたCDが1000枚以上。

 

そして、たまに行く

海釣り用の釣り道具一式と、

 

大きな白いワンボックスカーを

メンテナンスするために必要な道具一式と

 

夏用と冬用の新品タイヤのストックが

8本がきちんと入るようになっている。

 

 

しかも、一般的に知られているような

 

「物をただ入れる・・・」

 

というようなガレージスタイルではなく、

「男のくつろぎの空間」になっている。

 

それはまるで、あの懐かしい・・・

 

 

続きを読む












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ