フリーターやニートでも1年で独立・起業が可能!?(4)







「高橋さん、つまりそれが、

バブル崩壊以降、

それまで海外貿易として、

 

家電製品や車を

輸出してきた利益と、

 

国内のインフラ整備として、

土木・建設事業が

盛んに行われていた利益が

 

効率よく国内に

循環しなくなってしまい、

 

それがきっかけで、

人や物や金が

 

流通しにくくなってしまい、

GDP(国内総生産)が減少。

 

すると、それを解決しようと、

大企業は、企業規模の縮小や、

 

大企業と大企業がくっついて

より大きな大企業に

 

成長するといった

現象がおきました。

 

また、その際、大企業は、

経費削減をするために、

大量のリストラをしました。

 

すると、

それの影響を受けた

多くの人達が

 

フリーターやニートのような

状態になってしまいました。

 

また、そのような人達に向けて

盛んに資格を取ろう!というような

 

ビジネス戦略を練って

実行した企業が活躍し、

 

今後はもっと企業規模を

大きくしていく事が

予想されますっていう話の中の

 

国内の

インフラ整備って部分て事?」

 

 

そうですね。

 

「国内のインフラ整備=土木・建設事業」

 

という話しか

しませんしでしたが、

 

実は、戦後の日本は、

一般家庭にテレビや冷蔵庫、

それに洗濯機すらない状態でした。

 

 

しかし、

アメリカの経済援助を受けつつ、

アメリカの文化や技術を真似る事で、

 

「日本人向けの商品開発」

 

をし始め、また、

世界第2位の

経済大国になる過程で、

 

日本人のどの家庭にも

それらがあるくらいにまで

成長しました。

 

 

「高橋さん、でもバブル崩壊以降、

日本の景気は低迷気味・・・

 

だから、冒頭で、

一般的には、独立・起業は難しい・・・

という考え方があるようで、

 

僕は、よく友人に、

 

お前はよく

起業家なんかになったよな・・・

 

大学院を卒業してから

就職もしないで、

 

いきなり起業って

不安じゃなかったのかよ?

 

それに、お前の両親だって

心配しただろ・・・?

 

というような心配を

されますが、

 

しかし、僕からすると、

どうして就職にこだわるのか?が、

疑問ですって話をしたんでしょ?」

 

 

そうです。

 

というのも・・・

 

 

続きを読む

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ