ネットビジネスで情報発信するなら過激発言すべき3つの理由とは!?







高橋です。

 

僕はいつも

情報発信をする際に必ず、

 

「ネットビジネスで

情報発信するなら

過激発言すべきだ!」

 

というメッセージを

入れるようにしてます。

 

 

なぜならば、

 

「耳触りの良い

みんなが知っているような常識を

 

話したところで

心に響かないから!」

 

です。

 

 

ですが、そのスタンスで

情報発信をしてると、

 

もちろん

アンチコメントがきます。

 

 

例えば、

 

「調子乗ってじゃねぇ!」

「若造が生意気だ!」

「ネットビジネスなんか詐欺だろ!」

 

など・・・

 

 

まぁ、ぶっちゃけ、

これまで家庭や学校で

 

学んだ世界しか知らない

真面目な人にとっては、

 

月商1000万でパソコン一台で

日本中を旅行しながら稼いでいる!

 

っていうのは

夢のような生活ですし、

 

また、そうなりたくても

「マインドブロック」がかかってしまい、

 

 

「いや、今のままの生活が幸せで、

ネットビジネスなんかしたら

 

詐欺師に騙されて

100万とか200万の商品を

買わされてしまう・・・

 

だから、現状維持の方がいい!

 

でも・・・

 

これまで、

日本の大企業として

活躍してた会社が

 

どんどん海外の会社に

買い取られてしまっている

現状がある中で、

 

自分がいる会社も

いずれそうなってしまうかも・・・

 

また、ここ数年間で

同期が早期退職っていう名目で

クビになってしまったり、

 

会社に入社当時は

あったたくさんの部署も、

 

今はその

50%以上なくなってしまった・・・

 

もしかしたら、

いつかは自分が

 

早期退職っていう名目で

クビになってしまう・・・

 

あるいは、

今働いている部署が

突然なくなってしまい、

 

事実上のリストラに

なってしまう恐れがある・・・

 

また、20年前に買った

都内のマンションのローンが

あと10年残ってるし、

 

それに、

子どもの大学の学費の

仕送りをしないといけない・・・

 

だから、なんとしてでも

定年退職するまでは

会社で働き続けないといけない!」

 

 

というような

状態であるにも関わらず、

 

特に何も行動しないまま、

でも、僕の

ブログ記事の内容が気になり、

 

「せどり」っていう

ネットビジネスがある事を知って、

 

半信半疑で

挑戦してみたら、

 

その日に

5000円も稼げてしまい

 

「これまで信じてた常識」

 

がぶっ壊れてしまい、唖然・・・

 

 

そんな東京都在住の

会社員Aさんが

こんな質問をしてきました。

 

 

「会社員として仕事をしつつ、

副業でせどりをして

もう3ヶ月。

 

最近ようやく

月商100万円を達成し、

 

これから、

ブログ、twitter、facebook、

YouTube、Instagram、LINEなどを使って

 

情報発信を

していきたいと思ってるんですが、

 

でも・・・

 

昔っから

自分の気持ちを

上手く表現する事が出来ず、

 

どんな内容の

情報発信を

していったらいいのか?

 

について

悩んでいます。

 

どうしたら

いいでしょうか?」

 

 

なので、僕は

こんな返事をしました。

 

 

「会社員としての生活が長いと、

事なかれ主義になってしまい、

 

いかに自分が

 

リスクを負わないようにするか?

 

っていうのしか

考えなくなるので、

 

思考停止状態になってしまい

脳みそはカチンコチン。

 

また、毎日

イエスマンで会社内でペコペコ。

取引先でもペコペコしてる。

 

でも・・・

 

自分の中で

必死に愛する家族を養うため!

だから仕方ない・・・

 

って言い訳をしてる。

 

もう、何十年も・・・

 

しかし、心のどっかで

いつも感じる違和感。

 

で、そんな時に

僕のブログに出会って、

 

最初は、

ネットビジネスを馬鹿にしてた!

 

けど、いざ、

自分が挑戦してみると・・・

 

あれ、案外簡単に稼げんじゃん!

 

って事に気付いた。

 

で、会社員として

同じような環境で

 

働いている人達に向けて

情報発信する事で、

 

仲間を増やして、

今の孤独な状態から

 

一刻も早く抜け出したい!

 

って、そんな風に思ってる。

 

で、情報発信に

挑戦してみようとは思うけど、

 

魅力的な文章を

書く自信なんかない。

 

また、

ネットビジネスで

 

情報発信するなら

過激発言すべき!

 

っていうのは

分かってるけど、

 

アンチコメントが怖くて

出来ないでいる・・・

 

っとまぁ、そんな感じだよね?

 

で、なんだけど・・・

 

そもそも、

 

情報発信を何でするか?

 

って、その意味を

ちゃんと理解してないと意味ない。

 

で、それ何故か分かる?」

 

 

すると、彼は

こんな返事をしてきました。

 

 

「う〜ん。そうだなぁ・・・

 

自分がこれまで

学んできた事や、

体験してきた事を情報発信して、

 

それを読んでくれた人達の

役に立つため!

 

また、感謝されるため!

 

かな・・・?」

 

 

で、僕は少し考えてから、

彼が理解できるような

言葉を選んで、こんな返事をしました。

 

 

「そうだね。

 

確かに、

 

読んでくれた人達の役に立つ!

感謝されるため!

 

などは、

情報発信する際に

絶対に意識しなきゃいけないよね。

 

でもさ、

そういった事って、

 

他の情報発信者達も

みんなしてる。

 

だから、

何処にでもあって、

耳触りの良い

 

みんなが知っているような

ありきたりな

 

情報発信になってしまうので、

インパクトがない。

 

じゃあ、どうしたらいいのか?

 

なんだけど、それは・・・

 

違和感の演出を積極的にする!

 

といい。

 

で、いきなり

そんな意味不明な提案をされても

困ると思うので、その説明をすると、

 

みんなが知っている=常識

 

っていうような状態に、

新たな視点で、

 

それって違うよね?

 

っていうような主張をし、

 

価値観を変えてもらう!

ようなアプローチをする。

 

まぁ、もちろん、

そうゆうような事をすれば、

 

もちろん

アンチコメントされてしまう

可能性が高くなるけど、

 

でも・・・

 

そのパワーを

与えられるほど、

 

強烈な違和感は、

時間の経過とともに、

 

そうゆう主張があってもいいよね?

 

というような、

反発状態から受け止める、

 

そして、

受け入れるっていうような

流れになって、

 

最終的には

アンチ読者だったのが

濃いファンになってくれる。

 

では、何故

 

そこまでしないといけないのか?

 

その理由は簡単で、

 

ネットビジネスをしつつ、

情報発信をする場合、

 

ボランティアで

有料級の情報を

無料で提供してるわけではなく、

 

アンチ読者だったのが

濃いファンになった段階で、

 

売りたい商品や

サービスを売るためです!

 

なので、

それを叶えるずっと前の段階で、

 

好きでも嫌いでもない・・・

 

っていうような

空気のような存在だと、

 

ぶっちゃけ、

情報発信者としての価値は0!」

 

 

と・・・

 

 

彼にそんな

アドバイスをしてから

2ヶ月後。

 

彼のブログを読んでみたら、

僕が教えたように、

 

情報発信の中で

過激発言をしつつ、

 

でも、どこか「ぷっ」って

笑っちゃうような

いい感じになってました。

 

 

また、コメント数が

結構あったので、

 

それなりに影響力も

出てきたんじゃないかな?

って思いました。

 

 

まぁ、要は、

 

アドバイスされて即実行した!

 

っていう彼の行動力や、

 

また、自分で試行錯誤して、

情報発信の中で

過激発言をしつつ、

 

でも、どこか「ぷっ」って

笑っちゃうような演出をした!

っていうところが、

 

今、上手くいってる

大きな要因なんじゃないかなぁ・・・

って、そんな風に思いました。

 

 

 

追伸:

 

 

オイオイオイ!

 

「ネットビジネスで

情報発信するなら

過激発言すべき3つの理由とは!?」

 

ってなってるのに、

3つの説明が

されてないじゃないか。

 

 

一体、どうなってるんだ!

 

 

って、もしかして、

そんな風に思いましたか?

 

 

でも、安心してください。

 

以下の3つの理由は

忘れてませんので!

 

 

1)気にかけてもらうため

2)違和感を感じてもらうため

3)価値観を変えるきっかけを与えるため

 

 

もちろん、

情報発信を始めてすぐに

1)〜3)をマスターし、

 

アンチ読者だったのを

濃いファンにさせる!

って難しいと思うので、

 

それは、

情報発信をしていく過程で、

 

いろんな経験をしながら

上手になっていったら

いいと思います。












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ