ソフトバンクやauが面白いCMをする3つの理由とは?(1)







高橋です。

 

僕らって普段何気なく

見ているテレビの内容については

 

「面白いなぁ」とか

「感動したなぁ」という風に

思って見ているくらいですが、

 

しかし、実は、

視聴者を扇動するため必要な

 

心理学的要素を

ふんだんに使っています。

 

 

「高橋さん、

冒頭からいきなり何ですか?

難しい話を・・・

 

ん!?

 

もしや、それが

ソフトバンクやauが

面白いCMをする

 

3つの理由とは?と、

関係しているとか・・・?」

 

 

そうです。正解です。

 

 

例えば、

ソフトバンクのCMでは、

 

何故か犬がお父さんで、

その周囲の家族が人間です。

 

また、時期や季節に応じて

お父さんがいろんな場所に移動したり、

 

あるいは、その時

旬の芸能人が出演したりして、

 

常に、視聴者が飽きないような

CMになっています。

 

 

「高橋さん、確かにそうだけど、

でも、それって、視聴者を

扇動するため必要な

 

心理学的要素をふんだんに

使ってはいないような・・・」

 

 

そうですね。

 

一見そう感じてしまいます。

 

しかし、そうなるような

戦略であったとしたら・・・どうですか?

 

 

「う〜ん、そこまで考えて

見てなかったけど、

 

でも、何回も

ソフトバンクのCMを見ているうちに、

 

ソフトバンクのCMに対する

好意的な気持ちや、

 

また、ソフトバンクで

スマホ買おうかなぁ・・・とか、

思ったかなぁ。

 

あ!

 

もしかして、それが

ソフトバンクが

視聴者に対してしている戦略って事?」

 

 

そうです。

 

「何回もソフトバンクのCMを

見ているうちに、

 

ソフトバンクのCMに対する

好意的な気持ちや、

 

また、ソフトバンクで

スマホ買おうかなぁ・・・」

 

というのは、

 

 

例えば、

マンションに家族4人で

住んでいたとして、

 

夜9時にいきなり、

黒いスーツを着た見知らぬ、

 

身長185cmくらいで

体重が100kgくらいありそうな

大男が、

 

「うちの会社で作っている

最新型のスマホを

10万円で買いませんか?」

 

というような飛び込みの

セールスをしてきたとして、

 

あなたは、

その大男の話を信用して、

 

「いやぁ。助かった。

 

ちょうど、スマホが欲しいって

思ってたんですよね。

 

10万ですか?買います!

 

じゃあ、現金一括でお願いします!」

 

という風になるでしょうか?

 

 

続きを読む












コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ