せどりでお店での仕入れはブックオフの他にamazonで十分か!?


高橋です。

 

ビジネス(ネットビジネス含む)初心者が

一番最初にした方がいいのが、

 

「ヤフオクで自宅にある不用品を売る!」

 

なんですが、

その次に僕がオススメしているのが、

「せどり」です。

 

 

じゃあ、

「せどりって何?」って

基本的な話をすると、

 

日本中にある

 

「ありとあらゆるお店(ジャンル問わない)」

 

で安く仕入れて、

amazonで販売する。

 

 

と・・・

 

 

そんな風に話をすると、

 

「amazonだけでいいの?」

 

ってツッコミをされそうですが、

 

ビジネス

(ネットビジネス含む)初心者の時は、

 

基本、

それしかしないでいいです。

 

 

というか、

僕はそれしかしてませんが、

3ヶ月で600万稼いだ事があります。

 

なので、最初は

 

「集中して一個の事を極める!」

 

っていうような

マインドでいて下さい。

 

 

で、なんですが、

 

「せどりでお店での仕入れは具体的にどこ?」

 

って疑問を持ちますよね?

 

 

だって、

 

「なるべく安く仕入れたいし、しかも高く売りたい!」

 

って思いますからね。

 

 

ですよね?

 

 

なので、

僕が実際に仕入れている場所、

あるいは、

 

どんな商品に注目して仕入れていったらいいのか?

 

っていうのを

これから話していきたいと思います。

 

 

まず、ビジネス

(ネットビジネス含む)初心者の時に

 

絶対に仕入先として

行ってもらいたいのが

ブックオフです。

 

 

というのも、

全国に800店舗もあるブックオフは、

常に色んな商品が入れ替わり、

 

しかも、それが影響して

 

「1500円だった本が100円に値下がりしてしまう」

 

なんて事はよくあるので、

 

「それを仕入れ大きな利益を出す!」

 

っていう事が十分可能です。

 

 

例えば、

 

僕は、1500円だった本を

100円で仕入れ

 

amazonでの販売価格が

3000円だったので、

 

同様の本を

(同じようなジャンルでしかも利益も同じくらい)

 

10冊仕入れて、

3万円利益みたいな事が

これまで100回以上あります。

 

 

じゃあ、ブックオフは

どうしてそんなにも

 

「価格を下げるのか?」

 

なんですが、

実は単純な理由で、

 

「在庫を残してしまうと廃棄処分」

 

に「しないといけない!」し、

 

 

しかも、

毎日大量の買い取りをしてるので、

安く売ってしまっても、

 

それよりも

安く買い取りをしてるので、

 

「結局、ブックオフに

利益が出るような

仕組みになっているから!」

 

です。

 

 

例えば、

 

こんな経験ないですか?

 

新品で買ったワンピースの漫画本

100冊を売ったら、

 

一冊50円買い取りで

5000円にしかならなかった・・・

 

でも、

持って帰ってくるのが面倒だから

 

「はい、売ります・・・」

 

みたいに売ってしまった。

 

で、後日

お店に行ってみると、、

一冊250円で売っていた。

 

「えーそんなにも高く売ってんの?

だったら、もっと高く

買い取ってくれてもいいじゃん!」

 

みたいなの・・・

 

 

という事はつまり、

 

「値段なんてあって無いようなもの!」

 

なので、

 

「いかに賢く仕入れるか?」

 

っていうのを

「しないといけない」んですが、

 

 

でも・・・

 

 

ビジネス

(ネットビジネス含む)初心者の時に

「必ずつまづく」のが、

 

ブックオフ店内にある

 

「どの商品を仕入れたらいいんだ!

もう訳分からん・・・」

 

みたいな

仕入れ方に関する迷い。

 

 

で、そんな時に

本せどりをする場合、

 

「100円コーナーには絶対に行くな!」

 

です。

 

 

せどりの

一般的なイメージだと、

 

「100円で仕入れて1000円で売る!」

 

みたいなのが

「鉄板の方法」という風に

思われているようですが、

 

 

しかし・・・

 

 

僕は経験したから

分かるんですが、

 

「100円コーナーはライバルがたくさん」

 

いて、しかも、

せどりされないように

バーコードに

 

「シールが貼られている!」

 

ので仕入れにくく、しかも、

 

「棚一個全部調べて

1〜2個

利益が出る本があったらラッキー!」

 

みたいな感じなので、

 

「ぶっちゃけ、

あんまオススメできない・・・」

 

です。

 

 

と・・・

 

 

そんな話をすると、

 

「オイ、じゃあ、

どんな本を仕入れたらいいんだよ!」

 

って思いますよね?

 

 

で、なんですが、

視点を変えて、

 

「100円以外の本で価値が高い本は何か?

あるいは、どんなジャンルか?」

 

っていうのを、

考えた場合、

 

「大量生産されたヒット作は価格が低いだろう・・・」

 

というような

想像が出来ます。

 

 

では、

 

「どんな本が価値が高くしかも需要があるのか?」

 

と、季節や時期を問わず、

 

「売れている本は何か?」

 

って考えます。

 

 

すると・・・

 

 

「専門書系で比較的

仕入れ資金が高いジャンルはどうか?」

 

ってなります。

 

 

例えば、

 

僕はそれを考えた時、

とある医学書(仕入れ価格1800円)をみつけ、

 

それを「せどりすと」という

ツールで調べたところ、

amazonで1万円で売られていました。

 

なので、早速仕入れて

出品すると・・・

 

その日の夜には

売れてしまい、

ぶっちゃけ超ビックリしました。

 

 

「え!?そんなにも高い値段で、

しかも、そんなに早く売れるってあるの?」

 

ってもしかして、

そんな風に思いましたか?

 

 

でもですよ。

 

医学書のような定価が高く、

しかも、作られた数が少ない本は

 

需要と供給のバランス的に

需要の方があります。

 

 

だって、医者の他に

毎年医学生が

医学を学んでますからね。

 

なので、買い手からしたら

 

「やったラッキー売ってた。よし、買おう!」

 

ってなるのはむしろ当然。

 

 

なので、

それをあらかじめ予想し、

仕入れて売ったら

 

「必ず大きな利益が出る!」

 

ので、そうなれるよう常に、

 

「100円以外の本で

価値が高い本は何か?

あるいは、どんなジャンルか?」

 

っていうのを

考える必要があります。

 

 

ですが、

そんな説明だけでは、

 

「う〜ん、何かすんごく難しいから無理!」

 

って、そんな風に

思ったかもしれませんよね?

 

 

なので、

もっと詳しく話すと・・・

 

「趣味のためなら

どんなにお金をかけてもいいよ!」

 

っていうような

価値観を持っている人が

 

欲しいって感じる本を

仕入れたらいいです。

 

 

例えば、

 

僕がよく仕入れる本として

「鉄道雑誌」があるんですが、

 

それって、

一回定価1000円程度で

売られた本です。

 

なので、そのジャンルに

興味や関心が無い場合は

「ただのゴミ」なんですが、

 

ですが、実際は、

100〜500円で仕入れて

2000〜8000円くらいで売れます。

 

 

「は?そんな事ってあるの?

だって、

かなり高く売れてるじゃん!」

 

て、もしかして、

そんな風に思いましたか?

 

 

で、実は、

ビジネス(ネットビジネス含む)をしていて

一番重要なのは・・・

 

「凝り固まった主観を捨てる!」

 

また、

それを意識した

仕入れ方をした方がいいです。

 

 

で、もちろん

そんな風に考えると、

 

「仕入れはブックオフだけじゃなく、

amazonでも同様に仕入れられる!」

 

っていうような

思考になりますよね?

 

 

あるいは、

 

「人にフォーカスする」

 

っていうのをすると・・・

 

「買い手はどんな気持ちで買うのか?」

 

っていうのが

何となく分かってきます。

 

 

例えば、

 

「運動会で子どもに大人気。お弁当100選はこれだ!」

 

っていう本を買うのは主婦です。

 

という事は、

それを高い値段を出してまで、

 

しかも中古で1000円以上で買うか?

 

って想像した時、

 

「500円以下じゃないと買わないな。

なら主婦に売るのはやめよう!」

 

ってなります。

 

だって、仕入れて売っても

稼げないですからね。

 

 

と、いつも

僕のブログ記事を読んでいる

 

勘の良いあなたは

気が付いたでしょうが・・・

 

 

「要は、誰がお金を持っていて、

それを躊躇せず使ってくれるか?」

 

って考えたらいいだけです。

 

 

簡単ですよね?

 

 

そして、それは

他のビジネス(ネットビジネス含む)にも

応用出来き、

 

 

例えば、

 

アフィリエイトする場合でも

 

「この商材を買う人はどんな人だろうなぁ?」

 

って考えたら、案外、

 

「ターゲットが現在抱えている悩みが分かる!」

 

ので、売れやすくなります。

 

 

 

追伸:

 

何度も話しますが、

 

「人にフォーカスする」

 

っていうのを忘れて、

 

「俺が売りたい物を売るんじゃ!」

 

みたいなのでは、

どんなに頑張っても結果は出ません。

 

 

しかし、

「人にフォーカス」し、

 

「買い手はどんな気持ちで買うのか?」

 

っていうのを

経験していく中で知る事で、

 

稼げる金額が大きくなるので、

そうした方がいいです。

あなたの人生を3ヶ月で変える無料メルマガ。豪華プレゼント付き。


17000人参加。登録無料。【期間限定】7つの「超豪華」特典付き。

東京都Aさん36歳 「無料メルマガ学んで1000万達成!」

埼玉県Bさん30歳 「無料メルマガ学んで500万達成!」

長野県Cさん40歳 「無料メルマガ学んで100万達成!」



【豪華プレゼントの内容】

・わずが5分で会社にバレないで副業を成功させるノウハウを手に入れる方法

・起業のリスクが怖いを30秒で解決する方法

・毎日3分読むだけで年間1億稼ぐ成功者の思考をインストールする方法

・不用品をヤフオクで10万に変える方法

・国内転売で3ヶ月で600万稼ぐ方法

・ブログでファンを3万人に増やした方法

・ツイッターで400万人につぶやきを読まれる方法

・Facebookで「いいね」を100以上獲得する方法

・メルマガ読者に100万のコンサルをバンバン売る方法

・1万人が欲しがるようなプレゼントを3日以内に簡単に作る方法


無料でノウハウを知る方法は簡単です。緑色のところを「クリック」してください。










コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ